総合TOP>air-KURUME(エアークルメ)美容院(美容室)>ブログ>安田英史のブログ>初めての縮毛矯正‼️簡単ガイド

初めての縮毛矯正‼️簡単ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
初めての縮毛矯正‼️簡単ガイド
こんにちは!air-KURUME副店長安田です。

最近縮毛矯正についての種類別でコラムを出しております


昔は解消する為など梅雨の時期に縮毛矯正をされる人が多かったのですが、今は艶や手触りを良くする為などさまざまな状況で縮毛矯正をやられる方が増えてきています。

今回は初めて縮毛矯正をかけたい方や施術前に知っておいた方が良い知識などを中心にコラムを書いてみましたのでご覧下さい!

縮毛矯正とは?メリットとデメリット


簡単に言うと縮毛矯正とは薬剤による力とストレートアイロンなどの熱の力により、うねった髪を真っ直ぐにする施術のことを指します。

縮毛矯正が成功して髪が真っ直ぐになると、艶が出て、手触りもサラサラになります。

何故艶や手触りが良くなるのかというと.....

艶→→→髪が真っ直ぐになると光の反射が一定になり、天使の輪のような艶がでる

手触り→→→髪の断面の凸凹が無くなるため指通りが滑らかになる

と、いうことです。

他にも沢山のメリットがありますが、デメリットもいくつかあります

メリット

①艶や手触りが良くなる
②一度かけたらずっと真っ直ぐな為、しばらくうねりの悩みがなくなる
③乾かすだけで髪がまとまる
④朝のスタイリングも楽ちん

デメリット

①ふんわりとしたボリュームが出にくい
②縮毛矯正は技術力がいる為、下手な美容師の場合失敗する可能性がある。一度失敗した所は修復するのが難しい
③コールドパーマ(一般的なパーマで薬剤の力のみでかけるパーマ)をかけることが難しい

このようなメリット、デメリットがありますが、縮毛矯正は自分の髪に本当に必要か知っておくことも大事なので、信頼出来る美容師さんに一度聞いてみるとよいでしょう。

いらないのであればダメージも強い施術になりますので無理にやる必要はありません。

一度縮毛矯正をかけたらどれくらいもつ?


基本的には一度縮毛矯正をかけた部分は形状記憶される為にとれることはありません。ただ新しく生えてくる髪はうねりますので、気になるのは個人差がありますが、ショートなら3月〜5月、ロングなら4月〜半年を目安にかけ直すと良いでしょう。

かけ直すといっても一度かけた所は真っ直ぐのままですし、ダメージが増えてしまいますので新しく生えてきたところだけリタッチでかけることをオススメします。

施術工程の流れ


前処理


縮毛矯正の薬剤をつける前に前処理としてトリートメントで補修や薬剤が浸透しやすいように処理していきます。前処理をした方が髪に負担をかけずに施術することができます。

一剤薬剤塗布


髪をブロック別に細かくとり慎重に塗布していきます。髪の内部を分解してうねりが伸びやすい状態にしています。薬剤を伸ばしすぎるとダメージの原因に、塗りむらや塗り残しがあるとうねりがとれない原因になります。ここで美容師の技術力に差がでます

中間水洗

一度一剤を流します。流す際にお湯の温度が高いと流してる間も薬剤の力が強くなりダメージに繋がりますので少し緩い温度で流します。
しっかりと一剤をかみに残さないようにかなり丁寧に流します

アイロンの熱で伸ばす


髪を乾かしてから、ストレートアイロンで髪1本1本に熱を通します。大体160°〜180°の高温でアイロンを入れますが、根本からしっかりと入れないとこちらもうねり残しの原因にもなりますので美容師の技術力が大切‼️

二剤薬剤塗布


こちらで伸ばした髪を固定し、ながしたら縮毛矯正終了です。

仕上がりが成功すればこんな感じです。

艶、手触り共に滑らかになりハッピーな日々を送れます‼️

縮毛矯正を成功する為知っておきたいこと


①カウンセリングで髪の状態をしっかり伝える


担当美容師さんに出来るだけ今の自分の髪の状態を見てもらうことと、ここ最近(ロングの方であれば2〜3年前まで遡ります)の施術の履歴を伝えるられるとなお良いです。例えばブリーチをしたことがある。パーマをかけた。毎日アイロンで巻いてたりストレートにしたりしてるなどなど、美容師さんに情報を伝えられれば成功する確率はより高まるでしょう

②事前にヘアケアで髪を整えておく

髪が傷んだ状態での縮毛矯正はリスクが高く失敗する可能性が増えますので自宅でのヘアケアやサロントリートメントなどはしっかりとやっておきましょう!

③美容師の技術によって仕上がりは変わる

施術工程でも言っていますが、縮毛矯正は技術力のいる施術ですので、この人になら任せられる!という美容師さんにやってもらった方が良いので、信頼している美容師や縮毛矯正に力を入れている美容室を選ぶと良いでしょう。

④ポイント縮毛矯正も出来る

例えば前髪のみの縮毛矯正や表面だけの縮毛矯正など、うねりや艶に悩んでるポイントのみの縮毛矯正もできます。時間も短時間で料金も低価格で出来ますので、こちらも美容師に相談すると良いでしょう。

初めての縮毛矯正の基礎的な知識


料金や施術時間は?

料金は美容室によって違いますが大体¥15000〜¥23000が平均的な金額です。使う薬剤やアイロン、もちろん技術力などで料金に差はあります。あまりにも低価格すぎる場合は安価な薬剤を使用している場合もありますので気をつけましょう。

施術時間は約2〜3時間はかかりますので時間
に余裕をもっていきましょう。

縮毛矯正した髪にパーマはかけることができる?


コールドパーマ(一般的なパーマで薬剤の力のみでかけるパーマ)をかけることが難しいですがデジタルパーマ(薬剤と熱の力でかけるパーマ)であればかけることは可能です。縮毛矯正後のダメージ具合によってはパーマも髪に負担がかかる施術になりますのでかけない方が良い場合もあります。

まとめ


いかがでしたでしょうか?縮毛矯正を上手く使っていけば髪は綺麗に、日常生活は楽ちんになりますので、この記事を頭の片隅にでも置いてご自身のヘアスタイルの幅を広げてみてはいかがでしょうか!

自分には無理だと思った髪質、髪型になれるチャンスですのでどうぞ参考にしてみて下さい‼️

安田英史

安田英史

Written by:

立体感のあるスタイルにしたい、満足いくカラーにしたい、髪質をもっとよくしたい、傷んだ髪を修復したい、という方。お任せください☆透明感、色持ち、ツヤ感にとことん追求して施術致します!

 

【グレージュカラー】や愛され系カラーまで似合う色味見つけます☆髪質改善にも特化してます。カットはボブやショート得意です!

 

クセ毛を収まりよくするカットもお任せ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

安田英史は、こんな記事も書いています。

  • 縮毛矯正の部分的にするときのあれこれ

    縮毛矯正の部分的にするときのあれこれ

  • 縮毛矯正お悩み解決Q&A

    縮毛矯正お悩み解決Q&A

  • 長持ちさせたい縮毛矯正後のケアとは?

    長持ちさせたい縮毛矯正後のケアとは?

  • 2021年新春は【巣ごもり袋】で快適な生活を‼️

    2021年新春は【巣ごもり袋】で快適な生活を‼️

  • 【保存版】知っておきたい縮毛矯正の知識

    【保存版】知っておきたい縮毛矯正の知識

  • 前髪の縮毛矯正で日々をより快適に‼️

    前髪の縮毛矯正で日々をより快適に‼️

アーカイブ

前月

2021年04月

翌月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
             

今月のカレンダーを表示する

カテゴリー

人気記事 新着記事 関連記事

新着ヘアスタイル

  • さりげなイヤリングカラー

    ミディアムスタイルさりげなイヤリングカラー
    耳にかけたときや、巻いたときにさりげなく見えるセクションカラー。イヤリングカラー。ブリーチ...
  • エアリーショート

    ショートスタイルエアリーショート
    ショートに切りたいけど、抵抗がある方や似合うか心配な方にも、骨格矯正もしてくれるスタイルな...
  • 柔らかくせ毛風ロング

    ロングスタイル柔らかくせ毛風ロング
    ウェット系のオイルで全体に揉み込み、乾燥しないように。
  • エアリーボブ

    ボブスタイルエアリーボブ
    伸ばしかけの方や、ボブベースの方が、少しイメージ変えたい時、おすすめです。

美容院専用ホームページサービス

Copyright© 2021 air-KURUME All rights reserved.