総合TOP>air池袋(エアーイケブクロ)美容院(美容室)>白髪染め>今更聞けない⁈白髪染めって何なの⁇

今更聞けない⁈白髪染めって何なの⁇

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今更聞けない⁈白髪染めって何なの⁇

池袋駅直結。西武池袋本店9階に美容室【air池袋】の竹内です。

今回はタイトルにもあるように、白髪染めとはなんぞやという内容となっております。

以前にも取り上げたことのある内容ではありますが、【脱白髪染め】というキーワードをよく聞くようになった昨今、改めて取り上げたいと思い筆を取らせていただきました。

なぜ今脱白髪染めが注目されているのか。

竹内的目線で解説していきたいの思います。

また、白髪染めが向いている方や逆に脱白髪染めの方が向いている方も解説していきたいの思いますので、是非最後までお付き合い下さい。

では早速参りましょう!

①白髪染めとはどんなカラー剤なのか

これ意外とよく分からないという方も多いのではないでしょうか?

あまり理解ぜずに白髪染めを使ってしまって大失敗なんて事にもなりかねませんので、しっかりと理解していきましょう。

まず白髪染めの特徴として、黒い毛も白髪も同じ色に染めることができるというのが挙げられます。

というのも白髪染めには白髪を染めるために多くの茶色が含まれています。

わかりやすくみんな大好きなアッシュのカラー見本で見比べてみると、

白髪染めがこちら

お洒落染めがこちらです。


はい、全然違いますね。

そりゃあの真っ白な白髪が染まるわけですから、濃い訳です。

逆にいうとお洒落染めにはほとんどブラウンは入っていません。

だから透明感のある色が出せるんですね。

そして白髪染めのもっと暗い色になってくると

はい、ほぼ黒ですね。

という事で2つめの特徴が、色持ちが良いです。

先ほど説明した様に、白髪染めは白髪を染める為に多くのブラウンが配合されていますので色持ちも良いと言えます。


それが3つめの特徴にも関わってくるのですが、白髪を染める為にブラウンが多く配合されているという事は色味の量は少ないと言えます。

イメージ的には、

くらいな感じで捉えていただけると良いかなと思います。

あくまでイメージ的な図ではありますが、色味の量が全然違うんだなと理解していただければ大丈夫です。

色味の量がどう影響するかというと、多ければ多いほど色を感じる事ができます。

例えば先ほど例に挙げたアッシュの色味であったり、赤だったり、オレンジであったりとその色を強く表現する事ができます。

逆に色味が少ないと、はっきり色味を感じる事は難しくブラウンやベージュの様な仕上がりになります。

最近の白髪染めは以前に比べれば色味を表現しやすい物も増えて来ましたが、その分お洒落染めも進化しより鮮やかな発色のするカラー剤も出てきていますので、色味を表現するというところではお洒落染めが圧倒的です。

という事で簡単にまとめると、

①黒髪と白髪を同じ色に染める事ができる。

②色もちが良い。

③ブラウンが多く配合されているので、鮮やかな発色は難しい。


と言ったところでしょうか。

簡単な説明ではありましたが、白髪染めがどんなものなのか理解していただければ幸いです。

そんな白髪染めですが、これらの特徴がデメリットになってしまう事があります。

②白髪染めのデメリットとは

先ほど白髪染めの特徴をご説明しましたが、場合によってはデメリットになる事があります。

白髪染めは白髪を染める為に沢山のブラウンが配合されていて色持ちが良い反面、カラーチェンジがしづらいとも言えます。

特に暗い色で染めた場合、必ず次回のカラーに影響してきます。

明るい白髪染めで染めていればある程度次回までに褪色し、それほど弊害にならない事もありますが暗めで染めてしまっていた場合は次回明るく染めるという事が難しくなってきます。

ですので白髪染めを使う際は今後のライフプランなども考慮し、よくよくご検討の上で使用することをお勧めします。

※セルフカラーで白髪染めをするのは特にリスクが高いので、極力避けていただいた方が良いと思います。

③なぜ脱白髪染めが流行っているのか

はい、本当SNSでも目にする機会の増えたワードでございます。

脱白髪染めとはその名の通り白髪染めを使わずに白髪を淡く染める事で馴染ませるカラーの方法です。

ある意味白髪を生かすとも言えると思います。

なぜこんなにも流行っているのか僕的に思うのは、お洒落染めの進化により色の表現力はもの凄く高まりました。

ひと昔前までは美容師側も相当マニアックに勉強していないと出せなかった様な綺麗な色が比較的簡単に出せる様にもなってきました。

それもあり世の中の髪色はどんどん鮮やかになり、良い髪色を街で見かける機会も増えました。

そんなふうにカラーを楽しんでいるところに、白髪が生えてきたらどうでしょう?

先ほど説明しましたが、白髪染めでお洒落染めの様な色味の発色は無理です。

『え、もう可愛い色できないの…?』ってなりません?

僕としても、白髪染める為にもう可愛い色はできませんなんてできれば言いたくないです。

そこで白髪を完全に他の髪と同じ色にはできないにしても、馴染むくらいには染めてあくまで色味重視という方向性が生まれたのかなと思います。

そしてもう1つが、既に白髪染めをしている方の白髪染め疲れです。

染めても染めても出てくる白髪。

何なら段々白髪の量も増えてくる。

気づけば3週間に1度染めている。一体いつまで続ければいいのか…

そして変わり映えしない髪色に、もう飽きてしまった。

と言ったとこでしょうか。

特にハイライトを使った白髪ぼかしでは、根元の白髪が伸びてきても普通に白髪染めをするよりは気になりづらいという特徴もあり需要もあります。

白髪をぼかしながらもお洒落な色にできる&根元の白髪が伸びてきても気になりづらいという理由からここまで注目される様になったのではないかと思います。

では次に脱白髪染めが向いている方とそうではない方を解説していきたいと思います。

④脱白髪染めが向いている方とそうでない方とは

注目度の高い【脱白髪染めですが、どんな方に向いているのでしょうか?

竹内的に解説していきたいと思います。

まず脱白髪染めが向いている方は、

①まだ白髪染めをした事がない方

②明るいへアカラーがお好きな方

③カラーの色にこだわりのある方

次に脱白髪染めが向いていない方は(白髪染めを使った方が良い方)

①白髪を完全に染めるという事を最優先したい方

②髪色は暗め、落ち着いた色味がお好きな方

③色持ちを重視したい方

と言ったところでしょうか。

⑤まとめ

ここまでお疲れ様でした。

今回は白髪染めとはどういったカラー剤なのかというところに焦点を当てて書いてみました。

白髪染めは白髪をしっかりと染めるという点ではとても優秀です。

最近ではある程度明るい色でも白髪を染める事もできます。

ただ鮮やかな発色という点ではお洒落染めに軍配があがります。

白髪染めという選択をする際は是非この記事を参考にしていただき、白髪染めの特徴を理解した上で選択していただければと思います。

他にも白髪関連の記事を執筆しておりますので、チェックして下さいね。

ではまた次回お会いしましょう。


竹内 聡

竹内 聡

Written by:

-------

ショート、ボブの似合わせお客様の骨格や髪質に合わせてスタイルを提案させていただきます!
白髪染めも定評があり年間2000人を施術させていただいております。
ご予約はこちらから

ご予約はこちら

お電話でも承っております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

竹内 聡は、こんな記事も書いています。

  • 白髪を黒染めするとどうなる⁇メリットデメリットも詳しく解説!

    白髪を黒染めするとどうなる⁇メリットデメリットも詳しく解説!

  • これが王道の白髪ぼかし

    これが王道の白髪ぼかし

  • 白髪多めの白髪ぼかし

    白髪多めの白髪ぼかし

  • ノンジアミンカラーの現実【その後】

    ノンジアミンカラーの現実【その後】

  • 白髪ぼかしのその後ってどうするの?

    白髪ぼかしのその後ってどうするの?

  • 60代の脱白髪染め!白髪ぼかしハイライトを解説!

    60代の脱白髪染め!白髪ぼかしハイライトを解説!

美容院専用ホームページサービス

Copyright© 2024 air池袋 All rights reserved.