総合TOP>air-GINZA(エアーギンザ)美容院(美容室)>ブログ>白髪染め(グレーカラー)でもこうして髪を明るくできる〜プロが教える2つの方法〜

白髪染め(グレーカラー)でもこうして髪を明るくできる〜プロが教える2つの方法〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
白髪染め(グレーカラー)でもこうして髪を明るくできる〜プロが教える2つの方法〜

こんにちは。

髪のお悩み解決美容師・air-GINZAの中村有佑です。


銀座で美容師をさせていただいているわけですが、日々お客様の髪のお悩みやご相談を伺った上で「解決に導く」というサロンワークを行なっております。


まあ、やはり皆様が多くのお悩みをお持ちなんですよねぇ。


、、、ということで、そんなお悩みを少しでも解消し、「多くの方にポジティブにヘアスタイルやヘアカラーを楽しんでいただきたい」という想いから、日々のサロンワークでお客様にお伝えしている内容や考え方を共有させていただきたく、こうして記事を書かせていただくことにしました。


最後までどうぞ宜しくお願いいたします。


白髪染め(グレーカラー)でもこうして髪を明るくできる〜プロが教える2つの方法〜

さて、表題の通り「白髪染めでも髪を明るくする方法」をご紹介してまいりたいと思います。


、、、の前に、白髪染めだとなぜ明るくカラーリングできないのか?

そう、そもそもなぜ白髪を染めようとすると明るくカラーリングすることが難しくなるのかご存知でしょうか?


「白髪染めだと明るくできない」

「白髪染めは暗く仕上がるもの」

といったお声をお客様からもよく耳にするのですが、そもそも通常の「ファッションカラー」と言われるようなカラー剤と白髪を染めることのできる「グレーカラー」では薬剤の染料が異なってくるわけです。


例えば、よく耳にする『アッシュ系』というカラーがありますよね?

アッシュ系というのは基本的に青色をベースに作られているのですが、同じアッシュ系で同じ明るさでもファッションカラーとグレーカラーでは染料が全く違ってきます。


(出典:http://throw-web.com

こちらがファッションカラー8レベルのアッシュ系カラー剤の染料。


(出典:http://throw-web.com/

そして、こちらがグレーカラー8レベルのアッシュ系カラー剤の染料。


こうして並べてみると一目瞭然だと思いますが、ファッションカラー剤の鮮やかな青の原色に対し、グレーカラー剤は白髪をしっかり染めるためのブラウン色がベースとなり、その中に青が混ざった薬剤になっているのです。


そして、これがしっかり白髪を染めようと、明るさを下げて6レベルぐらいになってくると、、、


(出典:http://throw-web.com/


アッシュである青味は感じず、ほぼ「濃いブラウン」となってしまいます。


ということは、しっかり白髪を染めようとすると、濃いブラウンを髪に浸透させることになるので明るく染まりにくく、染めた後に明るくしようとしてもブラウンを削る作業が必要に必要になってくるわけですね。


で、明るくする為のブラウンを削る作業というのが「白髪染めでも髪を明るく染める方法」となりますのでご紹介してまいりたいと思います。


白髪染めでも髪を明るく染める方法「ブリーチを使う」

そう、「ブリーチ」です。

ブリーチというと「金髪になる」「髪が傷む」みたいなイメージが先行するかもしれませんが、近年ブリーチ剤も進化しており、髪に優しくなっていたり、またファッションカラーと混ぜ合わせて明るく抜けすぎないパワーコントロールすることが可能になっています。


とはいえ、髪全体に塗りたくって明るくしてしまうと「超サイヤ人」みたいになってしまいますので、、、


え?超サイヤ人分からないですか?

超サイヤ人ゴッドじゃないですよ、それは赤髪ですからね。


ちなみに超サイヤ人は1・2・3あるのですが、僕は2が好きです。

セル編ですね。ええ。


てへ。


、、、と、そんなドラゴンボール世代のたわ言はさておき、ブリーチを使って白髪染めでも髪を明るくできる方法をご紹介してまいりたいと思います。


・ハイライト(ウィービング)

はい、そうです。「ハイライト」です。

世代によっては「メッシュ」とも言いますが、かく言う僕もメッシュ世代です。はい。


こんな感じで細かく髪をすくって取り分けて、、、


薬剤を塗布していきます。


そして全体的に塗り終えたら放置すると、、、


部分的に明るくなりましたね。


ただ、このままだと線で分かれすぎて馴染まないので、、、


塗布されていないところにも馴染ませてから一度流します。


ハイライト後


で、ハイライトを入れて馴染ませた後の仕上がりがこちら。


いかがでしょうか?部分的に明るくなり、それでいて根元から自然に馴染んでいます。


そして、ここから根元はグレーカラー(白髪染め)、全体はファッションカラーで塗り分けていきます。


ちなみに、ハイライトのベースが出来上がっていても、「ちょっと自分で泡カラーを♡」なんて感じで毛先までグレーカラーを塗ってしまうと、先ほど述べた「ブラウン」が入り込んでしまうので一瞬でハイライトは消え去ってしまいますのでご注意を。


ハイライトを入れて明るく白髪染めをした仕上がり

いかがでしょうか?


金髪にもならず、白髪染めとは思えない明るさと透明感ではないでしょうか?


入れ方にもよりますが、ハイライトを入れるとこのように自然に全体が明るくなったように見え、上質な仕上がりにすることが可能になります。


では、次はちょっと違った方法をご紹介します。


・バレイヤージュ

聞きなれない方もいらっしゃるかもしれませんが、もともと「ほうきで掃く」という意味のワードなのですが、簡単にいうと部分的に違う明るさや色を施し、立体感や動きを表現する技術です。


上記の「ハイライト」とは違い、もっとラフにランダムな入り方になるのが特徴。


今ではその技法も多様化しており、髪のデザインや求める仕上がりによって施術の仕方や使う道具、薬剤などが変わってくるのですが、、、とりあえずやってみましょう。


部分的に明るくする場所をこんな感じでハケで作っていき、それを重ねていきます。


そして、これを放置すると、、、


バレイヤージュ後

ハイライトとはまた違った動きと明度差が出ましたね。


ここにまた根元をグレーカラー(白髪染め)、全体はファッションカラーで塗り分けていきます。


バレイヤージを入れて明るく白髪染めをした仕上がり

いかがでしょうか?こちらはハイライトの全体的というよりも、明度差がはっきりするので動きや束感が出やすい仕上がりに。


入れ方も様々ですが、今回はフリーハンドで作るバレイヤージュをご紹介しました。


白髪染め(グレーカラー)でも髪を明るくできる方法まとめ

いかかでしたでしょうか?

今回はブリーチ剤を使用して部分的にハイライトやバレイヤージュといった技法を使い、明るくする(明るく見せる)方法をご紹介しました。



薬剤や白髪染めの染料の特徴やそれを明るくする方法まで、ご存知なこともあったかもしれませんが、この記事をご覧いただいているということは「白髪染めで明るくしたいけど暗いんだよね、、、」という方が大半だと思います。


ハイライトやバレイヤージュといった、ブリーチを扱うことは自身で施術できる技術ではないので、ぜひ我々プロの美容師にお任せいただければと思います。


また先ほども述べたように、ベースを作っても上からご自身などで白髪染めの薬剤を塗ってしまうと、また上から濃いブラウンが重なってしまい、全てが消え去ってしまいますのでご注意ください。

それでも「どうしても、、、」という際は、分け目や生え際の根元だけに留めてくださいね。

(泡カラー、、、泡カラーだけはぜ、、、絶対に、、、グフッ、、、)


それではまた銀座、、、じゃなくて次回の記事でお会いしましょう。


白髪染めで暗く(黒く)染まってしまう5つの原因と明るく染める方法

白髪染めで暗く(黒く)染まってしまう5つの原因と明るく染める方法

白髪染めで暗く(黒く)染まってしまう原因と明るく染める方法 白髪染めで暗く、、、黒く染まってしまってお悩みの皆様、こんにちは。 air-GINZAの美容師・中村有佑と申します。
さて、この記事をご覧いただいているということは、、、
ええ、言わなくても分かります、、、 「白髪」ですよね、、、
(出典:DEMI)
白髪、、、年齢や遺伝、生活環境などの原因によってメラノサイトという細胞がメラニンを生成しなくなり白髪(透明の髪の毛)が生まれてくるのですが、、、 今回は、その対策として「白髪染め」をされて、ご自身が思っているよりも髪色が暗くなってしまっ、、、 そうですよね、、、思ったよりも黒く、、、 嗚呼、、、
暗くなりすぎて気分まで暗くなってしまう、、、 暗くなりすぎたから明るめの薬剤を選んだのに根元だけ明るくなってしまっ、、、嗚呼、、、
なんてことありますよね。いや、ほんまに。
さて、今回のこの「白髪染めをしたら暗くなりすぎてしまった問題」には必ず原因があるんですよね。 まずは当てはまる白髪染めが暗くなりすぎてしまった原因を見つけ、そこから解決方法を導いてさしあげたいと思いますので、最後まで宜しくお願い致します。
・「白髪染めで暗く(黒く)なりすぎてしまった...」そんな原因5選
では早速、白髪染めで暗く(黒く)なりすぎてしまう原因を探っていきましょう。 当てはまらない方もいらっしゃるかもしれませんが、私がプロフェッショナルとしてみている上で、白髪染めで暗くなりすぎてしまう原因はだいたい以下の5つに分けられます。
①暗い(黒い)白髪染めの薬剤を使用したケース これはサロンでカラーされた場合のことなのですが、、、
・あまり暗くしたくないにも関わらず、毛先まで白髪染めの薬剤で一気に塗られた ・リタッチだけなのに新生部を遥かにオーバーして塗られて暗くなってしまった ・「根元をしっかり染めて」と伝えると真っ黒に染められてしまった
、、、みたいな、カウンセリング不足というか、美容師さんとの意思疎通がうまくできていなかったパターンが多いのではないかと思います。
②元々のメラニン色素(真メラニン)が濃く、白髪染めでカバーできる範囲では明るくなりにくいケース
上記にも挙げたように、髪の黒を作っているのは「メラニン」です。 そのメラニンにも種類があるのですが、難しい話はさておき、元々のメラニンが濃い(赤メラニンが多い)方の場合、白髪染めでカバーできる範囲の8〜9トーンの薬剤を使用しても明るさを感じない程度の仕上がりになる可能性も。 白髪率が高い方は心配ご無用ですが、メラニンが濃く、白髪よりも黒髪の割合の方が高い方は当てはまるかもしれません。 あと、美容室でカウンセリングで伝えられたよりも毎回暗く仕上がってしまう方もここに該当されます。
③過度なダメージ(熱を使った縮毛矯正やデジタルパーマ施術、ブリーチ、アイロンなど)を受けている部分が白髪染めによって沈んで暗くなってしまったケース
こちらは毛先が沈んだように暗くなるケースです。 度重なる縮毛矯正や薬剤によるダメージ、必要以上に熱を使った施術、毎日のスタイリングで使用するストレートやカールアイロンの影響で起こることがほとんどです。
薬剤を扱う側の美容師さんの施術の影響もありますが、特に薬剤によるダメージでない場合はご自身でスタイリングの際に使用するアイロンの温度を150℃以下にするだけでも回避できます。
(その毛先、、、)
(カットした方がいいかもしれないです、、、)
④使用したアッシュ系やグレー系といった寒色系カラー剤の彩度が濃すぎるケース
これは近年よくあるあるです。 この数年、根元や毛先の明度(明るさ)のコントロール関係なしに彩度(色の濃さ)を深く入れてカラーリングする手法が増えているのですが、「アッシュ」や「グレー」に代表されるような寒色系は彩度を高めすぎると暗く仕上がってしまいます。
(同じ明度設定でも寒色の方が暗く見える)
ブリーチをしているような明るめのベースに彩度高い薬剤で染める場合は鮮やかに濃く発色するのですが、通常の白髪を染めることのできる薬剤だとそこまで明るさを求めることができない為、「暗めな上に彩度高くして余計に暗くなってしまう」という仕上がりになってしまうのです。
ブリーチを使わない通常の白髪染めだとオレンジ系やピンク系などの暖色系の方が明るく仕上げることができるんですよ(小声)
⑤ご自身によるホームカラーで白髪染めの薬剤が何重にも重ねられてしまい暗くなってしまったケース これが一番厄介なケースです。 特に最近多い白髪染めの「泡カラー」だけは、、、 ううっ、、、あ、泡カラーだけは、、、
暗くなりたくないんやったら!泡カラーだけは絶対にあきまへんで!!!!
では、ここで白髪染めの泡カラーが絶対あきまへん理由をちゃんとお伝えしたいと思います。 我々が白髪染めで暗くならないように施術する際は ・根元=白髪染めの薬剤 ・中間〜毛先=ファッションカラーやハイライトなどの薬剤 を使い分けます。 これは白髪染めの薬剤に含まれる濃いブラウン色を根本(新生部)の白髪をカバーする部分だけに塗布し、毛先(既染部)は鮮やかな発色を求めるわけですが、、、 泡カラーとなると、混ぜ混ぜしちゃうじゃないですか? そうすると染めたい根元だけじゃなくて全体に泡泡しちゃうじゃないですか? んで、それが毎月とかじゃないですか? それ、「ジ・エンド」なんですわ、、、
毎回黒に近い濃いブラウンを毛先にも重ねまくったらですね、もはやそれは黒染めを毎回しているのとなんら変わりないわけです。
とはいえ、コロナ禍のこんな時期ですのでご自身でセルフカラーされる方も多いと思います。 せめて、綺麗を保つためにも、見えてしまう範囲の根元だけを塗るようにしていただければ、、、ううっ泣 いいですか?泡カラーじゃないですよ? クリームタイプで気になる根元だけですよ? 暗めの薬剤を選択してはいけませんよ?
泡カラー 混ぜ混ぜダメよ 髪終わる
あ、どうでもいい俳句でしたね。 ははは、、、
・そんな暗くなってしまった白髪染めを明るくする方法
とりあえず根元のリタッチを繰り返して明るくなるのを待つ これはまあ、そのままなのですが、、、 白髪染めが暗く染まってしまったとはいえ、月日が経つと共に染料も抜けてきます。 よほどの黒染めでない限り、この方法で根気よくダメージをかけずに明るく戻していくことも可能であります。
根元は白髪染め・毛先はファッションカラーで回数を重ねる こちらは上記の「根元白髪染めリタッチ」にプラスして「毛先をファッションカラーで染める」というものです。 髪に染料が残っており、かなり暗く染まってしまっている場合は難しいかもしれませんが、このパターンのお客様も沢山いらっしゃいます。
(こちらもご参考に)
ブリーチ(脱染剤)を使用する 一気に明るくしたい場合はやはりブリーチを使用して明るくするのが一番の近道。 「え?ブリーチってめちゃくちゃ傷む!!」というのも一昔前の話です。 今はブリーチをケアする薬剤もどんどん進化していますし、全体ではなく「ハイライト」を入れて「白髪染め+ハイライト」で明るさを出しつつ白髪染めを楽しむのが主流になってきております。 明るさのコントロールも可能ですし、上から様々なカラーを重ねて表現することもできます。
(↑こちらに「ハイライト」と別に「バレイヤージュ」という方法も書いておりますので、ぜひ参考にしてみてください)
「白髪染めで暗く染まってしまう5つの原因と明るく染める方法」いかがでしたか? こんな時期ですし、セルフの白髪染めで暗く染まってしまって気分が落ち込んでいらっしゃる方やテレワークが増えて通常よりも少し明るくできる方が増えていることを実感しているので書かせていただきました。 「白髪染め」というものがネガティブではなく、もっとヘアカラーや美容を楽しんでいただけるキッカケになっていただければ嬉しく思います。
白髪染め 明るくなれば 笑顔かな
あ、どうでもいい俳句でしたね。 ははは、、、
それでは、皆様の素敵なヘアカラーライフをお祈りしております。
そして、お近くでお悩みをかかえてらっしゃる方はぜひ銀座まで足をお運びください(宣伝) 私、見た目は怪しいですが、白髪染めに関しては超絶スペシャリストを自負しておりますので是非お任せください。

(↑白髪染めが暗く染まってしまう原因記事はこちら)

白髪染めでも綺麗なアッシュカラーにできる!!大人女子に捧げる白髪染めでも鮮やかなアッシュカラー

白髪染めでも綺麗なアッシュカラーにできる!!大人女子に捧げる白髪染めでも鮮やかなアッシュカラー

白髪染めでも綺麗なアッシュカラーにできる!!大人女子に捧げる白髪染めでも鮮やかなアッシュカラー 髪色で悩む大人女性の皆さまこんにちは。 air-GINZAの美容師・中村有佑です。
さて、この記事に辿り着いたということはヘアカラーについてお悩みを持っていらっしゃるはず。
さらに言うと、「白髪染め(グレイカラー)で綺麗なアッシュカラーにならない!」と悩んでおられるのではないでしょうか?
あ、、、やはりそうでしたか。
では、今回はそんな貴女の「白髪染めで綺麗なアッシュカラーにならない!」を解決すべく、分かりやすく記事を書いてまいりたいと思います。
いいですか? 最後までご覧いただき、もし「白髪染めでも綺麗なアッシュカラーになれるんだ!」と思っていただけたら【予約する】ボタンを押してくださいね。(冗談です笑)
では、最後まで宜しくお願いいたします。
まず、ヘアカラーで「アッシュ」って結局のところ何? そうなんですよね。「そもそもアッシュって何やねん?」ってことなんですけども、、、
「アッシュグレー」とか「グレージュ」とかよく耳にされるとは思うのですが、、、
「アッシュ」、、、というのは『灰色』なんですよね。 ヘアカラーにおいては「くすんだ感じ」「外国人風」「グレーっぽい」といったものを『アッシュ系』と表現することが多くてですね、、、
こういった、透明感を感じるようなグレーがかったようなカラーのことを指します。
まず、白髪染めをしながら綺麗なアッシュカラーにできるのか? はい!白髪染めでも綺麗なアッシュカラーにできます!!!
結果から先にお伝えしちゃいましたね。ははは。
ということで、白髪染めでも綺麗で透明感溢れるアッシュカラーにすることは可能なのですが、次はファッションカラーと白髪染めの違いについて触れたいと思います。
ファッションカラーと白髪染めのアッシュカラーの違い
よく「白髪染めだと綺麗なアッシュ系にしにくい」と言われたり聞いたりすることはありませんか? その理由を説明しますね。
ファッションカラーと白髪染め(グレーカラー)の薬剤の違いは色素
そう、ファッションカラーと白髪染めの薬剤の違いは「色素」なんです。
ファッションカラー剤の色素は鮮やかな原色が多い これは僕が普段使用するTHROWという薬剤の色素を現した画像なのですが、8トーンのアッシュ系に含まれている色素ですね。 青みがかったグレー色をしていますね。 この青みがかったグレー色の薬剤を黒髪に使用すると、、、 このように青が地毛のオレンジ味を打ち消してくれて透明感のあるグレーっぽいブラウンに変化してくれるんですよね(個人差あり)
このファッションカラーの色素に対して、、、
白髪染めの剤はブラウンベースに作られている
同じTHROWの白髪染め対応の薬剤の同じ8トーンの色素がこちら。 こちらは白髪のベースをまず整える為に濃いブラウンが大量に配合され、その中にオレンジ味を打ち消してくれる青が混ぜられています。
そして、白髪が混在している髪に使用したイメージがこちらの仕上がり。 先ほどのファッションカラーよりも透明感というかグレー色を感じなくなり、ブラウン色が強くなっているのがお分かりかと思います。
こうして両者を並べてみると色素の差は一目瞭然ですね。 *ファッションカラー=原色 *白髪染め=濃いブラウン+原色
というのが、現在のヘアカラーにおける薬剤の違いになります。
アッシュカラーを鮮やかにグレー色に表現しようとすると、ファッションカラーのような原色で発色させる方が好ましく、白髪染めを使用して濃いブラウン要素を髪に発色させることは避けた方がいいというわけですね。
、、、とはいえ!!!
憎き根元の白髪は何がなんでも撃退しないといけませんよね。
ということで、次は白髪染めでも諦めずに綺麗にアッシュカラーを表現する方法を2つお伝えしてまいります。
①「根本白髪染め+毛先明るめファッションカラー」で期間と回数を重ねて鮮やかなアッシュカラーを作り上げる
根本(新しく伸びてきた部分)は白髪染めを使用し、根元以外の毛先にファッションカラーを使用するという方法です。 もし現在全体のベースが白髪染めで暗くなっていても諦めることはありません。
上記の白髪染めに含まれる濃いブラウン色も永久に髪に残るわけではなく、期間を置くと徐々に抜けてきます。
抜けてくるのを待ってもいいのですが、ここで明るめトーンのファッションカラーを使用してあげることによって、少しブラウンを削りながら薄くアッシュカラーを入れてあげることができます。
いきなり鮮やかな濃いアッシュカラーを重ねても暗く見えてしまうだけの仕上がりになってしまうので、少しずつ回を重ねるごとにベースのトーンを明るくしながら鮮やかにアッシュカラーが発色されるベースを作り上げるのです。
②ブリーチを使用して(ハイライトやバレイヤージュ)ブラウンを削り、鮮やかなアッシュカラーを作り上げる
ブリーチを使用して部分的にトーンの明るい部分を作り、回を重ねなくとも一気に色味を鮮やかなアッシュカラーにすることが可能になります。
(↑施術に関してはこちらに詳しく記載しております)
(こちらも参考に)
アッシュカラーが鮮やかに発色されるベースを明るく作り上げ、根本は白髪を染めつつも、白髪染めとは思えない仕上がりにすることが可能になります。 髪のダメージや既に染まっている部分の白髪染めの色素の濃さにもよりますが、基本的には明るさや量のコントロールもできるので、、、
「束っぽく見せたい」 「自然に髪全体が明るくなったように見せたい」 「ガラッと変わった感じに変化をつけたい」
などのご要望にもお応えできますので、白髪染めとは思えないほど鮮やかで彩度の高いアッシュカラーを表現することができます。
白髪染めでアッシュカラーを綺麗に出す上で絶対やってはいけない注意点 上記のように、明るめの綺麗なベースを作り上げたとしても、セルフで白髪染めをされてしまうと、、、
濃いブラウンが明るい箇所に入り込んでしまい、一瞬でベースが暗くなってしまいます。
根本だけ!!! 本当に根本だけ塗り分けられるなら!!! それだとまだ大丈夫なのですがッ!!!
泡カラーなんかで!!! ま!!混ぜ!!混ぜ混ぜ!!!なんてしてしまうとッ!!!!
スベテガオワルッ!!!!!
(心に留めておいてください…ぐふっ…)
「白髪染めでも綺麗なアッシュカラーにできる!!!」いかがでしたか?
①「根本白髪染め+毛先明るめファッションカラー」で期間と回数を重ねて鮮やかなアッシュカラーを作り上げる
②ブリーチを使用して(ハイライトやバレイヤージュ)ブラウンを削り、鮮やかなアッシュカラーを作り上げる
実際に白髪染めの色味のバリエーションに飽き飽きされている方がとても多く、「いつもリタッチだけ」なんて方も多いのではないでしょうか? そんな、お悩みや妥協だけでカラーをされていても鏡を見るのもワクワクしないですよね。 今回は白髪染めでも透明感のある綺麗なアッシュカラーをもっと楽しんでいただきたい!!と思い書かせていただきました。
現在のベースによって最適な方法や施術のプロセスなど、しっかりカウンセリングさせていただいた上で白髪染めでも綺麗なアッシュカラーを表現させていただきますので、「思った通りのカラーにならない」「白髪染めだけど明るく染めたい」「白髪染めで綺麗なアッシュカラーにしたい」というお悩みをお持ちの方はぜひご相談ください!

(↑「白髪染めでも綺麗なアッシュカラーにできる」こちらも参考にしてみてください)

立体カラーと簡単スタイリング技でフンワリ上質スタイル

立体カラーと簡単スタイリング技でフンワリ上質スタイル

こんにちは。
今年もこ...

加齢による髪のお悩みとカットの関係性

加齢による髪のお悩みとカットの関係性
こんにちは。air銀座店の中村です。
さて、美容...

中村 有佑

中村 有佑

Written by:

再現性」「上質なヘアスタイル」を最も大切にした的確なカット・柔らかい質感のカラーリングを得意としている。

 

国内・海外においても美容師向けにセミナーを行い、お客様が抱えるお悩みを元に、数々のヘアに関するお悩み解決を記事にした個人メディア(https://air-nakamura.tokyo)も多くの方に支持をいただいている。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中村 有佑は、こんな記事も書いています。

  • 最強リファビューテックカールアイロン(リファ コテ)発売前まとめ&最速レビュー|MTG

    最強リファビューテックカールアイロン(リファ コテ)発売前まとめ&最速レビュー|MTG

  • 【投票御礼!!】airフォトコンテストグランプリ結果発表!!!

    【投票御礼!!】airフォトコンテストグランプリ結果発表!!!

  • 白髪染めで暗く(黒く)染まってしまう5つの原因と明るく染める方法

    白髪染めで暗く(黒く)染まってしまう5つの原因と明るく染める方法

  • 白髪染めでも綺麗なアッシュカラーにできる!!大人女子に捧げる白髪染めでも鮮やかなアッシュカラー

    白髪染めでも綺麗なアッシュカラーにできる!!大人女子に捧げる白髪染めでも鮮やかなアッシュカラー

  • MTGから高性能な「消毒・洗浄ハンドジェル」が発売開始

    MTGから高性能な「消毒・洗浄ハンドジェル」が発売開始

  • 【面長×ボブ】前髪と顔周り・シルエットでカバー|似合わせるための3つの方法

    【面長×ボブ】前髪と顔周り・シルエットでカバー|似合わせるための3つの方法

アーカイブ

前月

2020年09月

翌月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
             

今月のカレンダーを表示する

人気記事 新着記事 関連記事

新着ヘアスタイル

美容院専用ホームページサービス

Copyright© 2020 air-GINZA All rights reserved.