総合TOP>air神戸(エアーコウベ)美容院(美容室)>ブログ>ダメージが気になる方への白髪ぼかし

ダメージが気になる方への白髪ぼかし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ダメージが気になる方への白髪ぼかし

神戸三ノ宮駅徒歩5分、


air-KOBE スタイリスト


稲毛が、人気の髪に優しい白髪ぼかしの説明をしていきます。


近年、人気のある白髪ぼかしも色々な方法があります。


白髪の悩みを解決する方法として、白髪ぼかしは優秀ですが方法によっては髪に負担がかかる場合があります。


それは、


ブリーチを使って白髪ぼかしをしていく場合です。


髪へのダメージや色が抜けた後のブリーチ部分の黄色味などに抵抗があるなどの理由でデメリットも存在します。


もちろん、メリットもあり白髪をぼかす効果が高く透明感のあるヘアカラーを実現できたりキレイな明るい髪色を叶える事ができます。


もしも、白髪ぼかしには興味があるけどブリーチはしたくないと言う方には髪に優しい白髪ぼかしは必見です。


ブリーチを使う事に抵抗がある方は、これから紹介する白髪ぼかしをしていけば大丈夫です。


ブリーチを使う白髪ぼかしとは?

まず、ブリーチを使う白髪ぼかしから説明致します。

ハイライトを入れて白髪ぼかしをしていく場合は、ブリーチを使用していきます。


白髪の近くにブリーチを使いハイライトで細い筋を人工的に作ります。


そうする事で白髪と白髪に一番近い明るさの髪(ハイライトの筋)が馴染み白髪がぼけていきます。


その上から、色を入れていくので透明感のあるキレイな髪色を可能にして白髪もわからなくなります。

一般的な白髪ぼかしの方法として知られています。


髪に優しい白髪ぼかしとは?


近年、髪に負担がすくない酸性系のカラーが人気があります。


その、酸性系カラーとブリーチを使用せずに薬剤や塗り方などを工夫して白髪をぼかしていく方法になります。


メリットは、髪に優しいのでダメージが気になる方やブリーチに抵抗がある方には向いている白髪ぼかしになります。


デメリットは、ハイトーンカラーにできない事です。(ブリーチを使わないとできない明るさor14レベル以上)


しかし、十分明るい髪色を保つ事ができるので大半の方は、満足していただけると思います。


白髪を薄く染める事で全体の明るさと馴染ませていく事で白髪が目立たなくなります。


白髪ぼかしは、明るい髪色を前提として考えていますのでブリーチを使わなくても明るい髪色で白髪をぼかしていく事には変わりません。


白髪染めでも良い場合があります

白髪ぼかしの説明をしていますが、白髪染めが悪かったりしない方が良いと言う話ではありません。


明るい髪色には、白髪ぼかしの方が向いていると言う話なので暗い髪色を希望される方には白髪染めの方が適している場合があります。


例えば、黒髪や暗髪といった6レベル以下を希望でしたら白髪染めの方をオススメ致します。


ただし、ハイトーンから希望の場合は仕上がりのバリエーションも色々あるのでスタイリストさんと要相談になります。


基本、6レベル以下だと白が目立つのでしっかり染まっている方が良いのと暗いと色の判別がわかりにくので白髪ぼかしの良さがあまり実感できないと言う理由になります。


白髪ぼかしを選ばれた方が良い人とは?

白髪ぼかしをされた方が良い方の特徴になります。


それは、


・髪を明るくしたい方


・白髪を目立たなくされたい方


・白髪の周期を伸ばしたい方


・髪色にこだわりたい方


そして、今回の髪に優しい白髪ぼかしは加えて髪のダメージが気になる方です。


30代~40代から少しずつ増えてくる白髪に対してお悩みの女性も多いはずです。


しかし、


心配ありません。白髪ぼかしで染めていけば今まで通り変わらないキレイな髪色で過ごす事が出来ます。


髪に優しい白髪ぼかしの仕上がり


実際にブリーチなしで染めた白髪ぼかしです。


仕上がり①


■Before


■After


仕上がり②


■Before


■After


仕上がり③


■Before


■After


まとめ


髪に優しい白髪ぼかしなら、ダメージを気にせず白髪をぼかしていく事が可能です。

透明感がありキレイなグレージュやアッシュ系などの寒色系カラーも楽しめます。

(白髪染めだと表現しにくい色です。)


ハイライトを入れたりブリーチを使用したようなハイトーンの白髪ぼかしの仕上がりには、なりませんが明るい髪色を叶える事は出来ます。


ハイライトを使った白髪ぼかしをされている方もいつかは、この方法に移行しもらう事をオススメ致します。

ブリーチを使った白髪ぼかしもハイライトを何回か入れたりする事はあっても、毎回入れ続けるわけではありません。


必要以上の筋は不要なので、どこかで髪に優しい白髪ぼかしをしてもらう事が理想です。

その後は、何回かおきにハイライトを入れていけば良いと思います。


今回の内容を参考にして美容師さんと相談して、キレイな髪色になれる白髪ぼかしの方法を選んでもらえたらと思います。


稲毛 久紀

稲毛 久紀

Written by:

25歳~30、40代の大人の女性から大人気!楽にキマるボブ&ショートや扱いやすいミディアムヘア、ふんわり柔らかヘアも得意!旬の外国人風カラーでツヤと透明感のある綺麗な髪はお任せ下さい。骨格・髪質からの似合わせ、全力で必ず納得のいく最高のスタイルを作る事を約束します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

稲毛 久紀は、こんな記事も書いています。

  • キレイな髪色になれる白髪ぼかし

    キレイな髪色になれる白髪ぼかし

  • 白髪ぼかしは何故人気があるのか?

    白髪ぼかしは何故人気があるのか?

  • 褒められる白髪ぼかし

    褒められる白髪ぼかし

  • 自然な白髪ぼかしハイライト

    自然な白髪ぼかしハイライト

  • ハイライト・ブリーチを使わない髪に優しい白髪ぼかし

    ハイライト・ブリーチを使わない髪に優しい白髪ぼかし

  • ダメージが気になる方への白髪ぼかし

    ダメージが気になる方への白髪ぼかし

アーカイブ

前月

2024年05月

翌月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
             

今月のカレンダーを表示する

カテゴリー

人気記事 新着記事 関連記事

新着ヘアスタイル

美容院専用ホームページサービス

Copyright© 2024 air神戸 All rights reserved.