総合TOP>air青山(エアーアオヤマ)美容院(美容室)>ヘアカラー>【危険】赤髪はブリーチで抜けない!?赤髪をベージュカラーにする方法。

【危険】赤髪はブリーチで抜けない!?赤髪をベージュカラーにする方法。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【危険】赤髪はブリーチで抜けない!?赤髪をベージュカラーにする方法。

赤髪やピンクのカラーをする時、こんなことを言われたことはないですか?

「ブリーチで抜けなくなるよ」

「しばらく他の色に変えられないよ」

などなど、赤やピンクをするとカラーチェンジがしにくいイメージ。

ですが、ここ最近ではごく一部、抜ける赤が存在するのも確かです。

しかしながら95%ほどは抜けづらい赤やピンクを使われていることがしばしば。

「どうやったら他の色にできるの?」

「もう伸ばして切らないと無理?」

そんな悩める方々に対して、ここ最近定期的に赤髪をベージュカラーにしているair青山スタイリスト長島が解決策をいくつかご提案していきます。

黒染めを明るくしたい方はこちら↓

【2024年最新】黒染め後のブリーチで綺麗に明るくする方法!どのくらいかかる?美容院での頼み方

【2024年最新】黒染め後のブリーチで綺麗に明るくする方法!どのくらいかかる?美容院での頼み方

夏休み、春休みなど、一時的に髪を明るくしたい時はないでしょうか? 学校、職場などの縛りのせいで、仕方なく黒染めした方はたくさんいるかと思います。 そんな中、ちょっとの期間だけでも明るい髪にしたい時こんな疑問があるかと思います。 「黒染めしてるから明るくならない」 「黒染めしてるから絶対ムラになる」 「ナチュラルに明るくもできない」 そんな疑問を持つ方々に、綺麗にブリーチ等で明るくする方法をお教えしたいと思います。 通常のブリーチカラーを知りたい方はこちら↓
そもそも黒染めとは? 黒染めとは、地毛に近い色〜それよりも暗い色にすることを指し、カラー剤で言えば5〜2トーンのカラー剤を使います。 黒染めというカラー剤があるわけではなく、様々なカラー剤の5トーン以下のものを使うと、黒く見えるようになります。 黒染めの中でも、カラー剤によって色落ちがしやすいものと、しにくいものがあり、今後どうしていきたいかによって、どのカラー剤を使うか選定していきます。 市販の黒染め、美容院の黒染め何が違う? 市販の黒染めと美容院の黒染めの大きな違いは、色落ちしたあとに地毛が明るくなるかどうか。 市販の黒染めには黒髪をも明るくする成分が入っているため、地毛に使うと色落ちした時に髪が明るくなります。 美容院の黒染めは基本的には黒髪に使ってもさほど明るくはなりません。 また、明るくする力=ダメージ にもなるので、市販の黒染めの方が圧倒的に傷みます。 また、市販では細かい色味の調整もできないので、海苔のような黒になることがほとんどです。 黒染めはブリーチで明るくできるのか? 結論できます。 しかしながら、様々な条件等や技術力がないと叶わないことは確かなので、その方法を細かく説明していきたいと思います。 そもそも髪の体力が残っているのか これが1番大事です。 一見髪が黒いので、いかにも千切れなさそうな髪をしていますが、濡らしてみると毛先がゴムのように伸びたり、 顔まわりがテロンテロンになっていたりと、場所によって髪の体力に差があります。 この時点でその日にどのくらい明るくすることができるのかがある程度決まっていきます。 下手すると1回目のブリーチ毛先が千切れることとあるので、ある程度覚悟した上でやった方がいいです。 黒染めした後にブリーチする際は、過去2年〜3年は何をしてきたのか履歴を言えるようにしておきましょう。 ブリーチの抜け次第で色を決める カウンセリングの時点で色を決めるとは思うのですが、黒染めのブリーチに関しては、カウンセリングの時点でどのくらい抜けるかは、正直ブリーチしてみないとわからない所もあります。 なので、その時の抜け具合、髪の体力の残量によって、もう一度ブリーチするのか、どんな色にするのかを決めることがかなり重要になってきます。 無理にホワイトカラーにしたりすると、髪が千切れすぎてなくなってしまう、もしくは中途半端な色でムラになる可能性が大いにあるので気をつけましょう。 できればブリーチ2回はした方がいい 黒染めからのブリーチは、通常一回のブリーチでは抜ききることが難しいです。 一回のブリーチだとオレンジ味が残ってしまい、そこでオンカラーしても色落ちが汚くなりやすくなってしまいます。 2回ブリーチすることによって、ベースの色ムラを限りなくなくし、色落ちしたあとでも綺麗な色にすることができます。 もし髪の体力がない場合は一回のブリーチの後に、暗めの色で染めてあげると、色落ちも綺麗になるのでおすすめです。↓ その他おすすめなブリーチカラーはこちら↓ 最初はベージュ系のカラーにしておく 黒染めからのブリーチの場合、どれだけブリーチを綺麗に塗ったとしても、多少なりとも黒染めの残留が残ります。 その残留は大抵薄いベージュっぽく残るので、それに合わせたカラーをすると、色落ちした時綺麗に一色に落ちてくれます。 ここでベージュ系の色をしておくと、次回以降ある程度どんな色でもできるようになるので、最初はベージュ系のカラーにしておくことがかなりおすすめ。 どうしてもグレー系、シルバー系にしたい場合でも、ベージュ系の色を混ぜておくとベースが整うのでおすすめです。 その他おすすめなベージュ系のカラーはこちら↓ おすすめのブロンド系カラーはこちら↓ 毛先がどうしても抜けない場合、デザインカラーにする 黒染めをブリーチすると、どうしても抜けづらいのが毛先です。 その場合は毛先を黒やピンクなどの比較的入りやすい色にすることで、ブリーチでそこまで抜かなくても綺麗なデザインカラーにすることができます。 逆に根元だけ明るいカラーなども今っぽいデザインカラーでおすすめです。 その他おすすめなデザインカラーはこちら↓ そこまで明るくしたくない場合はカラーリムーバー こちらは髪の毛の中にあるカラー剤の色素を分解してくれるものになります。 7〜10トーンくらいの色にしたい場合はこちらを使用するとある程度明るくすることができます。 髪のダメージが一切ない代わりにブリーチほど色を抜いてくれないのでご注意。 注意点として、この薬剤を使用したあと必ずライトナー等で5分ほど薬剤を反応させないと、黒染めの色素がまた戻ってしまうため、取り扱いには注意となります。 カラーリムーバーした後にブリーチをした髪がこちら↓ 紫シャンプーを使わない ブリーチしたら紫シャンプーを使った方がいいとよく言われますが、黒染めした後のブリーチをした場合 紫シャンプーを使うことはお勧めしていません。 ベースが完全に整っていない状態の上に紫シャンプーをすると余計ムラになってしまうからです。 金髪に落ちるまで1ヶ月〜2ヶ月我慢しましょう。 ブリーチムラ等の失敗を直したい方はこちら↓ ブリーチするにはどのくらい時間かかる? 画像くらいの明るさにするには平均的に4時間〜4時間半 かかります。 中明度くらいの仕上がりだと、3時間〜3時間半 髪が硬く、毛量の多い方、髪の長さが長い方はプラス1時間くらいはかかると思っておいた方がいいです。 それくらい黒染めは抜けづらく、ブリーチするのに難しいものとなっています。 黒染めからブリーチした後のケアは? 黒染めからのブリーチは髪の体力をかなり失ってしまうのでアフターケアが大事です。 アイロンの温度は必ず140〜160度にしましょう。 また、乾かさずに寝てしまうのは厳禁です。 今後明るい色を継続したいのであれば、あまり濃いめのカラーはしないことをお勧めします。 色落ちがしっかりするカラーで染めましょう。 まとめ いかがだったでしょうか。 黒染めからのブリーチはやはり難易度の高い施術となってます。 誰でもできるわけではないので、ブリーチに関して熟知している方にやってもらいましょう。 僕は月に5〜10人ほど黒染めからブリーチをすることがあるので、都内でお悩みの方はぜひご相談ください。 Instagramでは様々なパターンのブリーチカラーを掲載していますので是非ご覧ください↓ https://instagram.com/kokinhair?igshid=MzRlODBiNWFlZA== TikTokでは黒染めや赤髪の方のブリーチカラーを動画で解説してます↓ https://www.tiktok.com/@kokinhair?_t=8k3l8TtSVwA&_r=1 ご予約は下記からお願い致します。 それではまた。

なぜ赤髪やピンクは抜けづらいのか?

赤やピンクは髪の毛に残留しやすく、元の髪の毛の赤味とかけ合わさって更に抜けづらくしてしまいます。

なので、ブリーチなしピンクやレッドをしている髪は1番抜けづらく、ブリーチ2回してもミルクティーベージュくらいにしかできないことがほとんど。

メーカーによっても抜けやすいものと抜けづらいものがあり、今後どうしていくかによってカラー剤を使い分けていくことが鍵になっています。

基本的には抜ける赤を扱っている美容室はかなり稀なので、今後アッシュ系やグレー系、ブロンド系の髪をする予定の方は避けたいカラーとなっています。

赤髪はどうやって色を抜く?

赤髪はどれを使っても基本的には抜けづらいですが、安全に色を抜く方法はいくつかあります。

弱めのブリーチで時間をかけて抜いていく

これが1番安全かつ明るくできる方法。

時間は約2〜4時間かかりますが(希望の色によります)ダメージを少なくする場合にこの方法を使います。

ブリーチにかなり時間がかかるため、時間に余裕を持って来店されることが必須となります。

また、希望の色があまり明るい色でない場合はブリーチではなくライトナーで抜く、カラー剤で抑えるなどの方法もあります。

赤からカラーチェンジする方は明るくしたい方がかなり多いので、僕はこの方法をよく使います。

カラーリムーバーを使う

こちらはカラー剤の色素を落としてくれるカラーリムーバー。

これを使う場合、この後にブリーチもしくはライトナーを使うことは必須で、最初からブリーチをするパターンよりは少し暗めの仕上がりになりますが、かなりダメージレスに色を抜けます。

デメリットは髪のメラニンを抜く力がないので、根元の黒い部分を明るくできません。

なのでカラーリムーバー+ブリーチorライトナー+カラーが必須になり、かなりのハイダメージ毛でしか使わない方法となってます。

希望の色によって使い分けることがポイントとなります。

赤髪からベージュカラーはできるのか?

実際に行った方を例に施術工程をお見せいたします。

beforeはかなりムラがあるかつ、かなり濃い赤と暗いブラウン系の履歴が見えます。

毛先のダメージも結構あり慎重に行っていく必要があります。

一旦ブリーチしていきます。

ブリーチについてはこちら↓

【人気のブリーチカラー】ブリーチカラーとは?どのくらいの時間?お値段は?徹底解説!

【人気のブリーチカラー】ブリーチカラーとは?どのくらいの時間?お値段は?徹底解説!

近年また人気になってきている『ブリーチカラー』 ブリーチカラーにも色々ありますが、そもそもブリーチカラーとは? どのくらいの時間かかるの? どのくらいの値段かかるの? やったことない方からしたら、たくさんの疑問が出てくると思います。 そんな“ブリーチカラー”を、たくさんのブリーチカラーをしてきたair-AOYAMA長島光希が徹底解説していきます! Ready go!!
ブリーチカラーとは? ブリーチカラーとは髪の毛を明るくするために使用されます。 髪の毛をブリーチで脱色すると、髪の毛のメラニン色素が除去され、髪の毛が明るくなります。 その後、希望の色素を加えて髪の毛を染め上げます。 ブリーチカラーは、非常に明るく鮮やかな色を実現できる反面、髪の毛を傷めやすく、手入れが必要になるため、注意が必要です。 また、脱色された髪の毛に色素を加えるため、髪質や状態によっては、色が抜けやすかったり、変色したりすることもあります。 要約すれば、髪の毛の色を自由にコントロールするために、元の色素を抜く施術。といったとこでしょうか。 メリット ・垢抜けた明るい印象を与えられる ・外国人のような質感ができる ・少し巻いただけで動きが出る ・自由にやりたい色ができる ・透明感が出せる ・おしゃれな印象を与えやすい デメリット ・シングルカラーより傷む ・定期的にブリーチが必要(デザインによって) ・乾きづらい ・施術に時間がかかる ・上手い人が少ない(地方は特に) ・手入れが大変 ↑こちらは他店でバレイヤージュをした後、半年間ブリーチをしなかった状態。 ブリーチカラーを綺麗に保つ方法に関してはこちらの記事を↓
ブリーチカラーの髪質改善はこちら↓ そもそもブリーチ失敗された!ムラがすごい!なんて方はこちらを参考にしてください↓ どのくらいの時間がかかるの? airではご予約を取る際、様々なデザインによって時間が左右するので、2時間半を目安にご予約頂いてます。 全頭フルブリーチしてから、カラーを被せるとなると、3時間ほど見ているといいでしょう。 また、“黒染め”や“バレイヤージュ”、半年間根元が伸びたまま!なんて方は 4時間は見た方がいいでしょう。 黒染めしてしまった方はこちら↓ なぜここまで内容によっては差が出てくるかというと、、、 通常定期的にブリーチで通って頂いているお客様に関しては、基本的にリタッチのみブリーチをしたのち、カラーをすることがほとんどで、 その時間はブリーチだけでも1時間ほどなのでかなりスムーズに終わることがほとんどです。 しかしながら、かなり伸びきってしまったバレイヤージュなどは、リタッチだけでも高レベルな技術が求められるため、ブリーチのリタッチのみでも2時間〜3時間かかることもあります。 初めましてのお客様に関しては、履歴もわからないところがかなりあるので、 最初は余裕を持って、3〜4時間は見てご来店することをお勧めします。 営業時間ギリギリだと、希望に沿えないこともあるので、朝方〜昼頃の予約のある時間帯がおすすめです! どのくらいの値段かかる? お値段に関しても、内容によって様々。 ここでは業界的相場でお話ししていきます。 基本ブリーチリタッチ+カラーであれば17600円〜がほとんど。 全頭ブリーチ+カラーだと20900円〜 黒染め等で毛先に残留を取ったりと、トリプルカラーの場合は29700円〜 と、内容によって様々。 ある程度の値段はあらかじめお店で聞いておいて、実際カウンセリングの時に変動することもあるので、その時に聞いておくのがいいです! 値段に関しても、少し余裕を持ってご来店することが、幅がきいていいかとおもいます。 美しくなるにはお金がかかるもんですね、、、
人気スタイル4選 ブロンドベージュ ・ブリーチ二回+カラー ・3〜4時間(長さによります) ・¥29,700(シャンプーブロー込) 他のブロンドヘアを見たい方はこちら↓
メンズのおすすめブリーチカラーはこちら↓ ホワイトベージュ ・ブリーチ2回+カラー ・3〜4時間(長さによる) ・¥29,700(シャンプーブロー込) 他のベージュカラーを見たい方はこちら↓
ピンクベージュ ・ブリーチ1回+カラー(髪質によります) ・2〜3時間(長さによる) ・¥20,900〜(シャンプーブロー込)
グレージュカラー ・ブリーチ1回+カラー(髪質による) ・2〜3時間(長さによる) ・¥20,900〜(シャンプーブロー込)
他のスタイルも見たい方はこちら↓
デザインカラーはこちら↓ グレージュカラーを見たい方↓ まとめ
いかがだったでしょうか。 ブリーチカラーには本当に様々なデザインがあり、一概に2時間くらいで終わる!なんてものでもありません。 デザインを取るのか、持ちを取るのか、施術時間を取るのか、何を重視するかによってもデザインは変わっていきます。 明るくしたいけど、何したいかわからない!なんて人は一度相談してみることが1番だと思います。 その際は時間とお金に余裕を持って来店しましょう! 皆さんのブリーチカラーが上手くいくよう祈っております。 ぜひ一度ご相談ください♪ air-AOYAMA長島光希のブリーチカラースタイルはこちら↓ https://instagram.com/kokinhair?igshid=YmMyMTA2M2Y=

1ブリーチ

これは正直1ブリーチでもかなり抜けた方。

通常であればもう少しオレンジ感が出ます。

しかしながら毛先3番の1に残留が見られるためもう一度ケアブリーチしていきます。

一見抜けてそうに見えますが意外とまだ残留がいます。

しかしながらこのまま時間を置きすぎると色が抜ける前に髪が切れてしまうため、これで流します。

2ブリーチ

数本切れ毛が見られますが、これは普段のケアをよりよくすればかなり減らせれる範囲内となってます。

ここからオンカラーでも調整してやっていきます。

ケアカラーでやることによって艶感も出します。

カラー後

ミルクティーベージュに。

毛先は若干の赤味を感じますが、ダメージを優先して残ったままカラーで馴染ませることに。

このくらいの範囲であれば半年ほどで切って伸ばしていけば綺麗なハイトーンになれます。

ベージュ系カラーはこちら↓

【2024年最新】大人気ベージュカラー特集!ブリーチありからブリーチなしまで厳選紹介!

【2024年最新】大人気ベージュカラー特集!ブリーチありからブリーチなしまで厳選紹介!

ヘアカラーの中でもダントツで人気なカラーである“ベージュカラー” 年齢、性別、時代を問わずいつまでも人気なそのベージュカラーについて、さまざまな種類の中から厳選してご紹介していきます! 「ブリーチありとなしではどう違う、、、?」 「なんで人気?」 「おすすめは?」 色んな視点からの疑問を解決できるようにしていきます。 ベージュカラーとは ベージュカラーは、ナチュラルで上品な印象を与える人気のヘアカラー。 暖かみのあるトーンが多く、肌馴染みが良く、幅広い年齢層に人気です。 ブロンドやブラウンのバリエーションがあり、トレンドの一つとして注目されています。 ブロンドヘアについてはこちら↓
ベージュカラーはなぜ人気なのか? ベージュカラーが人気な理由は何よりも 日本人の肌馴染みが良く、幅広い年齢層に取り入れやすいカラーであること。 初カラーや、似合う色がわからない方にはとりあえずベージュ系のカラーをしておくと安心です。 また、ベージュカラーは色の残留がしづらく、いつでも他の色に変えられることが特徴。 やりたい色がわからない方は一旦ベージュカラーにしておくと、後々のカラーにも影響が出づらくムラのない髪を保つことができます! 黒染めしてムラになってる方はこちら↓ おすすめのベージュカラー ここからはおすすめのベージュカラーを、ブリーチあり、ブリーチなしに分けてご紹介していきます! ブリーチありベージュカラー ブリーチカラーについてはこちら↓ ブロンドベージュ こちらはかなり明るめのベージュカラー。 ブリーチ2回が必要でかなり薄めのカラーで染める必要があります。 ブリーチカラーを初めてやる方には、ブロンド系でやっておくとおしゃれ感もナチュラルに出やすくおすすめ。 ブリーチでダメージは出やすいのでヘアケアは必須です! ブリーチのダメージが気になる方はこちら↓ シルバーベージュ こちらはシルバー系のベージュカラー。 先程同様ブリーチ2回が必須となります。 普通のブリーチカラーに飽きた方にかなりおすすめ! デメリットとして色落ちが早いのが挙げられるので、色持ち重視の方には向いていません。 ミルクティーベージュ こちらはブリーチ1回でできるベージュカラー。 黒染め等をしてる方でもブリーチ2回すれば可能です。 中明度になるので派手すぎず、グレージュ系にもピンク系にもどちらにでも変えれるのでおすすめ! ブリーチありで1番人気のあるカラーになります。 他のブリーチカラーはこちら↓ グレーベージュ こらちもブリーチ1回でできるベージュカラー ベージュをベースに、少しだけグレーが入ったカラー。 いわゆるグレージュに近い色で、こちらも人気なカラーになります。 残留等があると難しくなるので、綺麗なベースからやることをおすすめします。 残留や、ブリーチ失敗してどうしようもない方はこちら↓ ピンクベージュ こちらはブリーチ1回〜2回でできるピンク系のベージュカラー。 暖色のベージュに少しだけピンクを入れることにより、柔らかさのあるベージュに。 春〜夏にかけておすすめです! 多少残留することがあるので、後々アッシュ系をやりたい場合はお勧めしません! ブリーチなしベージュカラー アッシュベージュ こちらはブリーチなしでのダブルカラーによるアッシュ系ベージュカラー! 髪質によってはブリーチを混ぜないとダメな方もいるのでご注意。 ブリーチなしのベージュではかなり人気のカラーで、色落ちもしづらくおすすめです! ブラウンベージュ こちらは元々ベースが明るい方であればシングルカラーでできるブラウン系ベージュカラー! 大人世代にかなり人気を誇っており、透明感と色味をどちらも楽しめるカラーになります。 赤みが出やすい方は最初はアッシュで抑えると色持ちもよくなるのでおすすめ! グレーベージュ ブリーチなしグレーベージュカラー! ブリーチなしのカラーで1番人気を誇ってます。 ベースの明るさがある程度ないと意外と難しいカラーにはなるので、黒髪の人はダブルカラーでやるのがおすすめ。 透明感も出るので間違いないカラーになります! グレーメインのグレージュを見たい方はこちら↓ ベージュカラーまとめ ここまでで様々なベージュカラーをご紹介してきました。 ブリーチなし、ブリーチありだとかなり変化のあるカラーにもなっていて、染める前のベースの色もかなり大事です! もし黒髪、もしくは根元がかなり伸びてしまっている場合はダブルカラーでやるのがおすすめです! 一回でやらなくても、2回に分けてやるのも効果的なので、美容師さんと相談しましょう! ご予約は下の予約ボタンもしくはインスタでも承っております。 インスタはこちら↓ https://instagram.com/kokinhair?igshid=MzRlODBiNWFlZA== ご予約お待ちしております。

赤髪からカラーチェンジした後やるべきことは?

赤髪からカラーチェンジした場合、赤味を完全に取り切ることはほとんどの場合難しいです。

なので定期的なリタッチとカラーで少しずつ赤味を消していくことがかなり重要で、半年〜1年でだいたいカラーの力で消えていきます。

あとは毎日のケアを必ず怠らないことで、ブリーチしたダメージを補っていきます。

やるべきこととして

・必ず乾かして寝る

・乾かす前に必ずヘアオイルをつける

・乾かした後もオイルをつける

・アイロンの温度は140〜160度

・ピンクシャンプー、紫シャンプー、カラートリートメントは使わない

・余裕があればサロンシャンプーを使う

このことを守っていけば徐々に綺麗なハイトーンを育てることができます。

ここ最近色んな色をしている某韓国アイドルたちの髪をよく見ると、毛先がかなり細々としていて、かなりダメージしていることが見受けられます。

トップアイドルですら色んなカラーをすると髪がボロボロになってしまうので、できるだけ同じ系統のカラーをするようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

赤髪からカラーチェンジにするのはかなり難しく一部美容師しかできません。

美容室での施術、その後のケアまでかなり大事になってくるので、悩んでる方は一度

air青山 長島をご指名頂きご相談ください。

最善策をご提案させて頂きます。

ご予約は下記かんたん優先予約からお願い致します。

初回20%offさせて頂きます。

心よりご来店お待ちしております。

長島 光希

長島 光希

Written by:

airで唯一ブリーチカラーを得意としているスタイリスト。ブリーチカラー〜透明感カラーまで幅広いカラーリングが得意。薬剤知識豊富な分、ストレートや髪質改善まで幅広い施術を得意としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長島 光希は、こんな記事も書いています。

  • 【春夏カラー】ピンクカラーとは?ペールピンクから濃いピンクまで徹底解説!

    【春夏カラー】ピンクカラーとは?ペールピンクから濃いピンクまで徹底解説!

  • 【2024年最新】アッシュカラーとは?ブリーチなしからブリーチありまで徹底解説!

    【2024年最新】アッシュカラーとは?ブリーチなしからブリーチありまで徹底解説!

  • 韓国アイドルのようなハイトーンヘアになる方法!ブリーチ回数まで徹底解説!

    韓国アイドルのようなハイトーンヘアになる方法!ブリーチ回数まで徹底解説!

  • 【髪質改善カラーとは?】ブリーチ毛でもできてしまう艶髪の作り方

    【髪質改善カラーとは?】ブリーチ毛でもできてしまう艶髪の作り方

  • 【2024年】ブリーチ毛の髪質改善ってできる?艶髪ハイトーンヘアの作り方

    【2024年】ブリーチ毛の髪質改善ってできる?艶髪ハイトーンヘアの作り方

  • 【危険】赤髪はブリーチで抜けない!?赤髪をベージュカラーにする方法。

    【危険】赤髪はブリーチで抜けない!?赤髪をベージュカラーにする方法。

人気記事 新着記事 関連記事
  1. 1

    永遠のNo1「レイヤーカット」が可愛いすぎる!!

    永遠のNo1「レイヤーカット」が可愛いすぎる!!

    121083

    2022/10/05
  2. 2

    ゴム跡がつかないひとつ結び☆

    ゴム跡がつかないひとつ結び☆

    72185

    2016/06/05
  3. 3

    ダブルカラーとは?大人気のダブルカラーの魅力をレングス別で紹介します!

    ダブルカラーとは?大人気のダブルカラーの魅力をレングス別で紹介します!

    58719

    2022/09/21
  4. 4

    【何故赤みが出てしまうの?赤みをうち消し透明感カラーを手にいれよう☆】

    【何故赤みが出てしまうの?赤みをうち消し透明感カラーを手にいれよう☆】

    57026

    2022/08/03
  5. 5

    【2024年最新】黒染め後のブリーチで綺麗に明るくする方法!どのくらいかかる?美容院での頼み方

    【2024年最新】黒染め後のブリーチで綺麗に明るくする方法!どのくらいかかる?美容院での頼み方

    27462

    2023/08/25
  1. 1

    【春夏カラー】ピンクカラーとは?ペールピンクから濃いピンクまで徹底解説!

    【春夏カラー】ピンクカラーとは?ペールピンクから濃いピンクまで徹底解説!

    57

    2024/05/12
  2. 2

    【2024年最新】アッシュカラーとは?ブリーチなしからブリーチありまで徹底解説!

    【2024年最新】アッシュカラーとは?ブリーチなしからブリーチありまで徹底解説!

    143

    2024/04/17
  3. 3

    韓国アイドルのようなハイトーンヘアになる方法!ブリーチ回数まで徹底解説!

    韓国アイドルのようなハイトーンヘアになる方法!ブリーチ回数まで徹底解説!

    493

    2024/03/15
  4. 4

    【髪質改善カラーとは?】ブリーチ毛でもできてしまう艶髪の作り方

    【髪質改善カラーとは?】ブリーチ毛でもできてしまう艶髪の作り方

    376

    2024/02/21
  5. 5

    【2024年】ブリーチ毛の髪質改善ってできる?艶髪ハイトーンヘアの作り方

    【2024年】ブリーチ毛の髪質改善ってできる?艶髪ハイトーンヘアの作り方

    546

    2024/01/29
  1. 1

    【春夏カラー】ピンクカラーとは?ペールピンクから濃いピンクまで徹底解説!

    【春夏カラー】ピンクカラーとは?ペールピンクから濃いピンクまで徹底解説!

    57

    2024/05/12
  2. 2

    【2024年最新】アッシュカラーとは?ブリーチなしからブリーチありまで徹底解説!

    【2024年最新】アッシュカラーとは?ブリーチなしからブリーチありまで徹底解説!

    143

    2024/04/17
  3. 3

    韓国アイドルのようなハイトーンヘアになる方法!ブリーチ回数まで徹底解説!

    韓国アイドルのようなハイトーンヘアになる方法!ブリーチ回数まで徹底解説!

    493

    2024/03/15
  4. 4

    【髪質改善カラーとは?】ブリーチ毛でもできてしまう艶髪の作り方

    【髪質改善カラーとは?】ブリーチ毛でもできてしまう艶髪の作り方

    376

    2024/02/21
  5. 5

    ブルーブラックって?落ちる黒って?おしゃれ黒髪徹底解説

    ブルーブラックって?落ちる黒って?おしゃれ黒髪徹底解説

    12527

    2023/11/27

カテゴリー

美容院専用ホームページサービス

Copyright© 2024 air青山 All rights reserved.