総合TOP>air-OMIYA(エアーオオミヤ)美容院(美容室)>ブログ>ノンジアミンカラーとは

ノンジアミンカラーとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ノンジアミンカラーとは

こんには、air-OMIYAの竹内です。

今回はノンジアミンカラーのご紹介です。

既にジアミンアレルギーでお悩みの方や、カラーリングの際の刺激が気になる方の新たな選択肢の1つになれば幸いです。

ノンジアミンカラーをご紹介する前に、最近耳にする事も多くなった、ジアミンアレルギー。

まずジアミンとは何なのか見ていきましょう。

①ジアミンとは

いわゆるジアミンは一般的なカラー剤(サロン、市販含め)に配合されている酸化染料の中の一種である『パラフェニレンジアミン』
をジアミンと略した事から、美容業界で酸化染料を広くさす言葉として認知されています。

一般的なカラー剤は髪を黒く見せているメラニン色素を脱色し、同時に髪を染色していきます。1度でしっかりと染める事ができ、色持ちも1ヶ月半〜2ヶ月程と長い間カラーの色味を楽しむ事ができます。このカラー剤の反応にジアミンは不可欠な存在です。

現在様々な色味をお客様に提供できるのもパラフェニレンジアミンを含む酸化染料あっての事ですが、アレルギーを引き起こす可能性のある物質でもあるんです。

ではジアミンアレルギーと言われる症状はどの様なものなのでしょうか?

②ジアミンアレルギーとは

ジアミンアレルギーとは化学物質である酸化染料が皮膚に付着する事で起こる、アレルギー性接触皮膚炎の事をさします。症状としてはかぶれや腫れ紅斑といった症状です。

花粉症と同様でいつ発症するのかは個人で大きく差があり、皆が発症する訳でもありません。現在は皆様に長くカラーリングを楽しんでいただく為にも、なるべく酸化染料が頭皮や肌に付かない様な工夫をサロンでも行っています。

注意すべきなのはドラッグストアなどで簡単に手に入る市販のカラー剤(酸化染料)にもジアミンは配合されています。セルフでカラーリングをする場合、頭皮や肌に付けずに塗布する事は困難であり、サロンで施術を受けるのに比べリスクは高まります。少しでもアレルギー発症のリスクを回避する為と、極力ダメージをさせずにカラーリングを楽しんでいただく為にも、サロンでの施術をおすすめします。

また、一度ジアミンアレルギーの症状が出てしまった方は、その後酸化染料で染める事はできません。

では、カラーリングを諦めなくてはいけないのでしょうか。

ご安心下さい。たとえジアミンアレルギーだとしても、綺麗に染める方法はあります。

③ジアミンアレルギーの方でも施術可能なカラーリング

カラー剤は何も酸化染料だけではありません。

まずご紹介したいのがヘアマニキュアです。


ジアミンアレルギーの方に朗報。へマニキュアが救世主かも⁈

ジアミンアレルギーの方に朗報。へマニキュアが救世主かも⁈

こんにちは、air-OMIYAの竹内です。 今回記事にさせていただくのは『ヘアマニキュア』です。 ヘアマニキュアと聞いても皆様あまりピンとこないのではないでしょうか? ・奇抜な色がある ・白髪染め? みたいなイメージだと思います。 実際にサロンワークでもヘアマニキュアが登場するのは白髪を染める目的が一番多いと思います。 そんなヘアマニキュアですが、昨今よく耳にする『ジアミンアレルギー』の方に対して、デザインを提供できる可能性を秘めていると言う事をお伝えしたいと思います。 ヘアマニキュアの事を理解していただく為にも、比較対象としてまずはサロンワークでも1番登場頻度の高いアルカリカラーについてご説明したいと思います。 ①へカラーの主流、アルカリカラーとは アルカリカラーとは一般的にファッションカラーやお洒落染めと呼ばれるものになります。白髪染めもアルカリカラーの物が多いです。サロンにいらっしゃる方の大半はアルカリカラーで染めていると思います。 簡単に説明するとアルカリカラーは1剤、2剤に別れており、その2つを混ぜ合わせる事で反応が起こります。キューティクルを開き、髪の黒い色素を脱色し、髪の中に色を入れていくことで発色をさせます。アルカリカラーは一般的に明るい色ほど髪への負担は大きくなります。 ◆アルカリカラーのメリット 現在のヘアカラー事情はアルカリカラーが大半をしめています。なぜ選ばれるのかメリットを見ていきましょう。 ・豊富なカラーバリエーション カラー剤のメーカーからも豊富なカラーバリエーションが展開されていて、様々なデザインの表現をする事ができます。また、色をミックスする事で更に色の幅は増え、微妙なニュアンスを表現する事ができます。 ・1度のカラーでしっかり染まる。色持ちも◎ アルカリカラーは一度でしっかり染める事ができ、色持ちも良いことからサロンカラーの主流となっているのですね。一般的に1ヶ月半から2ヶ月程、色が持続するとされています。 もちろん白髪に対応したラインも豊富に展開されていて、現在の白髪染めはファッションカラーと遜色ないほどに綺麗に染まります。 ◆アルカリカラーのデメリット 私たちのサロンワークに欠かす事のできないアルカリカラー。色の発色という点では大変優れていますが、デメリットももちろんあります。 ・髪へのダメージ どうしても回避できないのは髪へのダメージです。キューティクルを開き、髪の内部に作用するということは、髪への負担は避けられません。現在はカラー剤も髪への負担が少ない物もあり、美容師も極力ダメージを抑えて施術ができる様に努力をしていますが、ダメージが0ということはありません。 ・頭皮への負担 アルカリカラーに含まれるアルカリが頭皮を刺激し、肌の弱い方はヒリヒリした痛みを感じる事があります。 ・アレルギーのリスク アルカリカラーの高発色、色持ちの良さの要とも言えるジアミン。しかしアレルギーのリスクも伴います。アレルギーはコップに水がたまっていって溢れると…という表現がよく使われますがジアミンも同じです。今まで平気だった方も突然アレルギー反応を起こすという事もあります。一度アレルギー反応の出てしまった方はその後アルカリカラーで染める事はできません。 ②へアマニキュアとは アルカリカラーが髪の内部に作用し、脱色と染色をするのに対し、ヘアマニキュアは髪の表面に吸着し、髪の内部には作用しません。したがって黒髪を明るくする力はなく、白髪や元々明るくなっている髪にしか色味を感じる事はできません。また、色味もアルカリカラーほど豊富ではありません。 髪の表面をコーティングしているだけなので、色持ちは3週間から1ヶ月程です。
◆ヘアマニキュアのメリット ・ダメージが少ない
ヘアマニキュアは髪の表面をコーティングする様に色をつけます。アルカリカラーと違い内部に浸透し脱色する様な事はないので、髪への負担は抑えられます。 また、ヘアマニキュアは頭皮に付かない様に塗布しますので、頭皮への刺激もありません。 ・表面をコーティングする事で、艶やハリコシを得られる。紫外線防止にも。 ヘアマニキュアで染めた場合、髪をコーティングするので艶が出やすくなります。また、多くの方が髪にハリやコシが出た様に感じます。 髪をコーティングしていますので、紫外線から髪を守ってくれる効果も期待できます。 ・ジアミンフリー ヘアマニキュアにはジアミンは配合されていないので、ジアミンによるアレルギーの心配はありません。 上記でも述べた様に、ヘアマニキュアはダメージしづらく、安全性も高いが黒髪を染めてもほとんどわからない。白髪や明るい髪であれば色が見えるというカラー剤です。 ◆ヘアマニキュアのデメリット ・色味持ちが短い アルカリカラーに比べ、表面をコーティングするヘアマニキュアは色持ちが良いとは言えません。シャンプー毎に色が褪色していきます。 ・根元に付けて塗布する事ができない へマニキュアは頭皮に付いてしまうと落ちずらいので、根元ギリギリから染める事ができない為、根元の染まりが若干悪い。 ・髪を明るくする力はない ヘアマニキュアは脱色作用はないので、髪を明るくすることはできません。 したがって白髪染めに使う機会が多いわけですが、ジアミンアレルギーの方には安心して施術していただけるカラーだと思います。そんなヘアマニキュアですが、白髪染めがメインではなくアルカリカラーの様にカラーを楽しむ方法はあります。 ③アルカリカラー とヘアマニキュアの違い 上記でアルカリカラー とヘアマニキュアについてご説明しましたが、簡単に違いをまとめると… まず最大の違いは ◆アルカリカラー は髪を明るくする事ができるが、ヘアマニキュアには髪を明るくする事ができない。 次に ◆アルカリカラーが髪の内部に作用するのに対し、ヘアマニキュアは髪の表面に作用する。 したがって ◆色持ちは髪の内部まで染めるアルカリカラー の方が良い。 しかし ◆アルカリカラー は髪の内部まで作用する事で髪に負担がかかりダメージをするのに対し、ヘアマニキュアは髪の表面をコーティングする様に染まるのでほとんどダメージは無い。 そして何と言っても、今回のポイント ◆ヘアマニキュアはジアミンフリーでジアミンアレルギーの心配がない。
それを踏まえて ④ジアミンアレルギーでアルカリカラー はできないという方へのヘアマニキュアというご提案 上記でご説明した様に、ヘアマニキュアは黒髪に染めてもほとんど色味を感じる事はできません。しかし白髪や、明るい髪であれば色味を感じる事ができます。 すなわちジアミンアレルギーの方でも、髪を明るい状態にできればへマニキュアで十分色味を楽しみつつ、ダメージを抑え、ジアミンアレルギーの心配もなく染める事が可能だということです。 髪を明るくする物にライトナーやブリーチといった、単に髪を脱色するカラー剤があります。これらの髪を脱色するだけのカラー剤にはジアミンは含まれていません。 したがってジアミンアレルギーの方でも安心して使用する事ができます。 髪を明るくする事さえできれば、ヘアマニキュアで色味を入れる事が可能です。ではその方法を見ていきましょう。 ①全体をトーンアップしヘアマニキュアをオンカラーする この方法は髪全体を仕上がりのイメージに合わせて脱色し、その上でヘアマニキュアで色を入れていくという方法です。この方法であればご希望の色味にもよりますが、大抵の色はカバーできます。 アルカリカラーが1度の施術で染まるの対し、この方法の場合工程は2回になりますが、安全に染めれてダメージレスという事を考慮すれば選択の余地は十分にあると思います。 ②ハイライトを入れてオンカラーする。 ①は全体を明るくするという方法でしたが、これはハイライトを入れその上からヘアマニキュアで色を入れていくという方法です。全体にハイライトを入れるも良し、毎回少しずつハイライトを入れて中長期的に仕上がりを育てていくも良しです。ハイライトに色味を入れていく事で、立体感も出ますし全体を明るくするよりもダメージを抑える事もできます。また全体を明るくすると、次回根元をリタッチする必要がありますがハイライトの場合、根元がプリン状態になる事はなく馴染みも良いです。 まとめ いかがでしょうか? ジアミンアレルギーの方でも、カラーを楽しんでいただく事は可能です。ジアミンアレルギーによってカラーを諦めてしまった方や、お悩みの方に少しでも可能性を感じていただければ幸いです。 是非チャレンジしていただきたいと思いますので、興味のある方は1度ご相談下さい。
このスタイリストで予約


詳しくはこちらの記事をご覧ください。

そして今回の本題である

◆ノンジアミンカラー

では、ノンジアミンカラーとは何なのかと言いますと、その名の通りジアミンが配合されていないカラー剤をさします。

airで取り扱っているノンジアミンカラーはジアミンフリーをはじめ、更にアルカリフリー、過酸化水素フリーという頭皮や髪に負担をかける
物を配合していない3つのフリーを実現した大変安全なカラー剤となっております。

そして上記でご紹介したヘアマニキュアと大きく違うのが、頭皮に付けて塗布できるという事です。ヘアマニキュアはその性質上どうしても根元ギリギリからしか染める事ができず、根の根のから染めるという事ができませんでした。

しかしこのジアミンフリーのカラー剤は安全に頭皮に付けて塗布する事ができるので根元からしっかりと染める事ができます。

ただこのカラー剤には髪を明るくする力はありません。したがって染める前の髪の状態がある程度明るい状態でないと色味を出す事ができません。そこでライトナーと呼ばれる髪を明るくするカラー剤と併用する事で酸化染料に劣らない発色を実現する事ができます。ライトナーはジアミンフリーですのでジアミンアレルギーの方でも安心してご使用できます。

まずライトナーでご希望の仕上がりに合わせて髪を脱色します。希望の明るさまで脱色されたらその上からノンジアミンカラーを塗布し仕上げます。

ヘアマニキュアで染める場合は脱色した後に一度洗い流す必要がありましたが、このカラー剤はライトナーの上から被せて塗布する事ができますのでシングルプロセスで染める事ができます。

まとめ

いかがでしたか?

ジアミンアレルギーの方や酸化染料の刺激が気になるという方にも安心してカラーリングを楽しんでいただける方法はあります。ヘアマニキュアやノンジアミンカラーも酸化染料に劣らないカラーバリエーションがありますので是非一度ご相談下さい。

皆様のカラーリングライフが安全に長く楽しんでいただけることを切に願います。

air-OMIYA
air-OMIYA
埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-6-2そごう大宮店13階
TEL:048-646-3366
定休日:第2第3週目 火曜日
10:00-20:00(最終受付カラーorパーマ18:00/カット19:00)


竹内 聡

竹内 聡

Written by:

ご自宅での再現性に拘り、技術を提供させていただいております。特にショート、ボブの似合わせには自信があります。お客様の骨格や髪質に合わせてスタイルを提案させていただきますので、何なりとご相談下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

竹内 聡は、こんな記事も書いています。

  • 【初めての白髪染め】失敗しない為に抑えておくポイントをプロが解説します!

    【初めての白髪染め】失敗しない為に抑えておくポイントをプロが解説します!

  • 白髪染めを長持ちさせる方法があるって本当⁇プロの美容師がお答えします!

    白髪染めを長持ちさせる方法があるって本当⁇プロの美容師がお答えします!

  • ノンジアミンカラーとは

    ノンジアミンカラーとは

  • ジアミンアレルギーの方に朗報。へマニキュアが救世主かも⁈

    ジアミンアレルギーの方に朗報。へマニキュアが救世主かも⁈

  • アッシュは白髪染めでも表現できる!

    アッシュは白髪染めでも表現できる!

  • グレイカラーって何⁇皆さんの疑問にプロがお答えします!

    グレイカラーって何⁇皆さんの疑問にプロがお答えします!

アーカイブ

前月

2020年06月

翌月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
             

今月のカレンダーを表示する

カテゴリー

人気記事 新着記事 関連記事

新着ヘアスタイル

美容院専用ホームページサービス

Copyright© 2020 air-OMIYA All rights reserved.