色って案外遠めで見た方が正確?!

2017/07/19

Facebookでシェア Twitterでツイート LINEで送る

airのディレクター木村です。

モデルの「鈴木えみ」さんが髪やりに来てくれました。

なんでこんな感じに撮ってるか?というと…

「接写で撮るとヘアカラーって実はリアリティなくない?」

というところから。

距離を置くと実際、3次元で見たときの雰囲気と近いですよね。

接写だと…

もはや、理屈なしになんでも綺麗ですよね。

光が髪を通り抜けるので色がはっきりと出てますね。

近くで見るとみんなこんな感じにはできるんですよ。

オーダーがとても多いのですが、接写のものばかり見ていると…

これが普通に頭に乗っかるって思っちゃうんですが、実際ご自身が鏡で見るとあれ?みたいなことが多い気がするんですよ。

一歩距離を置いた蛍光灯下の写真が1番生な感じが伝わりますよね。

こうなっているんです。

ちなみに…

「モノトーン」というカラーをとばっどばに使っています。

そう、どっばどばです。

聞こえは悪いかもですが、色を深く入れて暗く見せているだけであって、芯の方までは安定的な染まりをしているわけではなく、もちろん褪色もします。

した方がいいんですよ。褪色は。

そしてまた重ねる事で地毛のように。

そのまま生えてきたかの様になるわけです。

接写で撮った写真のイメージをそのままに考えると「あれ?」みたいな感じの仕上がりも多いはず。

こんな理屈もよかったらご参考ください。

Facebookでシェア Twitterでツイート LINEで送る

フロントスタッフ募集中

PLATINUM DROP by air

大宮店舗スタッフ募集中

公式アプリはこちら

air 採用特設サイト

air Special Movie

スタッフブログ

スタッフブログ一覧はこちら

スペシャルメニュー
スペシャルメニュー
airが開発した、airでしか体験できない
スペシャルメニューをご紹介
自分で出来る裏ワザヘアアレンジ
自分で出来る裏ワザヘアアレンジ
airが誇るトップスタイリストが
裏ワザを一挙大公開!
エーショップ
A SHOP(エーショップ)
トップスタイリストが自信を持って
オススメするトータルビューティ
オンラインショップ
airポイントについて
airポイントのご案内
ポイントを貯めて
エアーグループの人気アイテムと交換!