ブリーチしないでクリアに見せる

2017/04/07

Facebookでシェア Twitterでツイート LINEで送る

airの木村です。

やらんと決めたらやらん。やると決めたらやる男です。

「直人」という名前。よく両親は名付けたものです。

良くも悪くも地でいってます。

おかげで後悔してるでしょうね両親は。

ええ…帰ってきて!と言われても東京に居座り続ける男です。

日々消耗しています。

さて…

タレントの「青木英李」さんがカラーしに来てくださいました。

ででん!(グラビデをかけた音)

ダークトーンの中に見えるマットアッシュテイスト。

こちらは…

処方 6/CM:Blue 2:1 6% 20分放置

暗めのマットブラウンにアクセントブルーを足してトーンダウンしながらオシャレカラーに。

よく問われる事。なぜ6%なのですか?

よく問われる事の多くに…

「なぜ6%なのですか?」

というのがあります。

ああ…まぁ、わかります。セオリーですね。

僕の常識 「非常識」

あんま語る事はなかったんですが、基本的にセオリーで技術考えた事なく、自分の実感論でしか判断しない美容師です。

基本的に「(大体の事に)ブリーチを用いない」と決めている僕は、スパン長めで完成度を高めていく手法にでます。

よって、回を重ねる毎にクリアになってゆく様に設定していくわけです。

6%を用い続ける事で段々と中身が削れてゆき、トーンダウンするにもクリアな味わいに。

褪色、ダメージヤバイのでは?

その辺は是非試してからご判断を。

試さないで物言う人も多いなぁ。と感じています。

1発ブリーチしてトーン下げ決め込むよりは余程、予後が良好です。

1発でハイダメージ提供するか?時間かけてじわじわいって完成度を高めてまだ髪の毛の容量が残っている間を見極め切り替えるか?

という判定の違いです。

そういった価値観もあるという事。

美容技術の幅は無限なり。

こういった価値観も、少人数、少ない時間、徹底したパフォーマンスの中で生み出される発想。

その中でも最大級のクオリティを。

という感覚で仕事をしていると自然に浮かんできます。

サービスというものに対する価値観は皆同じだと思います。

目の前に現れるクオリティで判断し、経過を見定め、そこに対しての適切な施術をチョイスする。

そんな方法論。

こんな感じもよかったらご参考ください。

Facebookでシェア Twitterでツイート LINEで送る

フロントスタッフ募集中

PLATINUM DROP by air

大宮店舗スタッフ募集中

公式アプリはこちら

air 採用特設サイト

air Special Movie

スタッフブログ

スタッフブログ一覧はこちら

スペシャルメニュー
スペシャルメニュー
airが開発した、airでしか体験できない
スペシャルメニューをご紹介
自分で出来る裏ワザヘアアレンジ
自分で出来る裏ワザヘアアレンジ
airが誇るトップスタイリストが
裏ワザを一挙大公開!
エーショップ
A SHOP(エーショップ)
トップスタイリストが自信を持って
オススメするトータルビューティ
オンラインショップ
airポイントについて
airポイントのご案内
ポイントを貯めて
エアーグループの人気アイテムと交換!

Staff Information

Pickup Staff
FPsalon 天神
/
【お客様へのメッセージ】

全てのスタッフを見る