久本芳生のチャリンコブログ

久本芳生のチャリンコブログ
メディア

ヘアメイク講習会で考え方を学ぶ。

2017.06.19

こんにちは。

 

昨日は久しぶりに雨が降り、

梅雨らしさが戻って来ました。

梅雨らしさと言っても、

梅雨は嫌いです。

 

僕の移動において、邪魔ばかり。

 

最近ストレスの多い、

銀座のチャリンコ王子、

air-GINZA tower 

久本です。

  

 

昨日は月に一度のメイク講習会。

もちろんメイクだけでは無く、ヘアも洋服もトータルで勉強します。

今回はチーム制に別れてヘアメイクをしました。

3人一組のチームで、

  • メイク担当
  • ヘア担当
  • カメラ担当

という振り分けで1つの作品を作り、

それを評価して頂くというシステム。

僕の担当はヘアデザイン。

美容師ですからね。

一番熱が入ります。

 

 

今回、僕のチームはメイクを担当するのが同じ店舗の松村さん。

そしてカメラ担当がLovest GINZA の渋尾さん。

 

制限時間もあり、みんな真剣モード。

 

 

久しぶりに誰かとチームを組むというのは、本当に手が抜けられず、少し緊張しました。

 

そこで出来上がった物を、今回の講師、

木村さんにアドバイスを頂きます。

 

 

 

数多くの名作を世に送り出した木村さん。

パソコンでみんなの作品を見比べながら、 

一瞬で気になるところが何点も出てきます。

 

しかし、

木村さんが本当に伝えたかった事は、作品のクオリティーという話では無かったんです。

もちろんクオリティーとしてのアドバイスも頂きましたが、

「そんなの、、どんどんやって失敗して覚えろ」

と、、

ただただ数が足りない。
 

しかし、それ以上に指摘されたのは、

果たしてチーム制で何の勉強になるのか?

そもそも自分の思いを作品として表現する事に対して、誰かと一緒に作って本当に良いものが出来るのか?

君達の作品には、

こうしたい! あれがやりたい!

という強い 想い が伝わって来ないと。

何か最初からいろいろな所を見透かされ、

ぐうの音も出ず。

ただただ考え方を改めさせられました。

そして、もう1つ。

「俺だったら、皆と違う事やるけどね」

皆というのは世の中の美容師の作品の流れみたいな物で、皆と同じような事をしていても美味しくない。旨味が無い。

という事である。

確かに今まで木村さんが進んで来た道は、明らかに「皆」とは違っていました。

最初は誰の理解も得られず、

それをひたすらやり続けた男。

 

僕にはまだまだ足りません。

ぜーんぜん足下にも及ばない。

 

少しでも食らいつかないと。

 

 

そんな中、

みんなの講習会風景をブログに書こうと写真を撮っていたら、

 
 

 

 

みんな真剣に、

 

みんな、

 

真剣に???

 

 

 

ん??

 

何か1人のスタッフの髪がおかしい。

 

真剣だけど、

 

違う角度で、、

 

 

  

なんじゃこの頭ー!?

  

その髪で、

ちょっとその頭で、

そんな真剣な顔されても!!

 

ひどすぎる(笑)

 
 

後で聞いたらどうやら巻き髪の練習台になったらしく、、、

 

まあ、そんな事故も置いといて、、

 

とても勉強になった会でした。

 

一眼レフで撮った写真はまだ出来上がって無いので、

僕の携帯で撮った作品をどうぞ。

 

 

 

少しモード寄りにしまして、

巻き髪も強めに、束感とウェットな質感で作った、テーマは

「リアリティブ」

 

リアル × クリエイティブ  

 
 

 

 

やはりモードな感じが好きですね。

 

この洋服も、 

 

僕が13年前に買っためっちゃ高かったシャツ。

 

今頃タンスの奥から出てきて、久しぶりに光を浴びて良かった。

 

また作品撮り頑張ります。

 

最近の美容師活動はこちら

 
 

プロフィール情報

久本 芳生

NAME久本 芳生

PROFILE大人の女性に圧倒的支持。
カジュアルからエレガントまで、
女性の魅力を最大限に引き出します。

メディア
ヘアカタログ
A SHOP

最新記事

最新記事

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月別アーカイブ

カテゴリー

pageup