総合TOP>air-OSAKA(エアーオオサカ)美容院(美容室)>ヘアケア>髪が傷む原因と、効果的なトリートメントの使い方! 

髪が傷む原因と、効果的なトリートメントの使い方! 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
髪が傷む原因と、効果的なトリートメントの使い方! 

こんにちは。

air-OSAKA 栃本優美です。髪がパサパサ

ゴワゴワ…傷んできた気がする…

女性のみなさまは1度は悩んだことがあるのではないでしょうか。

今回は髪の傷みの原因と、傷みをケアする効果的なトリートメントのやり方をご紹介いたします!

髪が傷んでしまう原因

そもそも、なんで髪が傷んでしまうのでしょうか?

髪の毛が傷んでしまう原因とは???をご紹介いたします。


シャンプーのやり方

シャンプーの仕方によっては、髪を傷める原因になってしまうこともあります。

シャンプーは手のひらでしっかり泡立ててから髪に乗せて、地肌を揉み込むように洗ってください。シャンプーの泡は、髪と髪との摩擦を防ぐ役割があります。

キューティクルは髪が濡れると開く性質を持っており、キューティクルが開いた状態で髪をゴシゴシ洗うと、摩擦でキューティクルが傷ついて傷みの原因に。シャンプー後はしっかりすすぐことで、頭皮トラブルの予防にもなります。

また、髪、頭皮に合わないシャンプーを使い続けることも、ダメージの原因になります。

紫外線

お肌と同じように、髪も紫外線の影響を受けます。

ごわつき、枝毛、切れ毛の原因になってしまったり、

ヘアカラーが褪色しやすくなってしまいます。

長期的にみると、白髪が増える原因にもなりかねますので、注意が必要です。


パーマやカラーの繰り返し、ホームカラー

パーマやカラー、縮毛矯正を繰り返すことで、髪の毛の内部のタンパク質が流出してしまい、髪にとってはすごく負担になってしまいます。

余計な薬剤がつきやすいし、薬剤のパワーが強いので、ホームカラーは避けていただいてヘアサロンで施術させていただくのがおすすめです。

美容師さんとしっかり相談して、髪に負担の少ない方法で、なりたいヘアスタイルを叶えましょう。


熱のダメージ


髪の毛は熱に弱く、ドライヤーやヘアアイロンなどによる熱のあてすぎは、キューティクルを傷つける原因になります。
ドライヤーをあてるときは、同じ部分にばかり熱を当てるのではなく全体に熱が行き渡るようにすると良いです。

根元から毛先に向かって水分を送るように乾かすと、早く、綺麗に乾かすことができます。


ヘアアイロンは必ず、髪が乾いた状態で使うようにしてください!!

水分の残った髪の気にヘアアイロンを当てると、必用な水分まで一緒に蒸発させてしまい傷みの原因となります。

また、ドライヤー同様、一ヶ所にアイロンをあて続けるのはNGです。

濡れた状態のまま放置する



髪の毛は濡れている状態のときが、キューティクルが開きやすく、いちばんデリケートです。

つまり、傷みやすい状態です。

さきほど、ドライヤーの熱のあてすぎはNGと書きましたが、自然乾燥による摩擦などのほうが、ドライヤーの熱よりも髪の毛に負担が大きいです。

自然乾燥を繰り返していると、キューティクルの方向がぐちゃぐちゃになり、髪の毛がごわついてパサパサして、乾燥する原因となってしまいます…

髪が濡れた状態で放置していると、 頭皮に雑菌もわきやすくなるので自然乾燥は髪の毛にとっても、頭皮にとっても、良いことはありません…

お風呂上がりは、なるべく早く、髪を乾かすようにしてください。


サロンでするトリートメントとご自宅でするトリートメントの違い

よくある質問なのですが、サロンでするトリートメントとお家でするトリートメントって違うのでしょうか??

答えはもちろん全然違います!!

サロンでするトリートメントは、髪質やダメージの度合いなどでトリートメントを使い分けます。

剤ごとに役割、目的が違い、よりトリートメント効果が高まるように作られており、髪の状態に合わせて、合う薬剤を適量つけて施術しています。

また、髪の内部まで栄養補給をするので傷んだ髪の内側から補修ができます。

髪の傷み、パサつきが気になるかたは、定期的にヘアサロンでのトリートメントをしていただくのがおすすめです。


トリートメントの種類

トリートメントには大きく分けて2つの種類があります。

インバストリートメント

インバストリートメントとは、お風呂の中でシャンプーの後に使って、お湯で洗い流すタイプのトリートメントのことを言います。

インバストリートメントは、トリートメント、ヘアパック、ヘアマスク、と行ったようなものがあり、髪内部に毛髪補修成分が素早く浸透し、集中的に髪内部からダメージをケアすること、手触りをよくすることを目的としています。

アウトバストリートメント

アウトバストリートメントとは、ドライヤーの前などにつける、洗い流さないトリートメントのことを言います。

髪表面を整えたり、ダメージから髪を守ることを目的としています。

ドライヤーやコテ、アイロンの熱から髪を守る成分、ブラッシングの摩擦や乾燥から髪を守る成分などを配合し、髪を保護する効果が高いものになっています。

クリームタイプ、ジェルタイプ、オイルタイプ、ミストタイプ、など色々な種類があります。



サロン専売品トリートメントと市販のトリートメントの違い


サロン専売品トリートメントの特徴

サロンで販売しているトリートメントは、表面をコーティングしてくれる+髪の中に浸透し、毛髪内部のダメージにしっかりと栄養を与えてくれます。

サロン専売品のトリートメントには、髪のダメージを回復させようとする栄養素がいっぱい詰まっているのです。

そして、一人一人の髪質に合わせたトリートメントを美容師さんが選択してくれるので自分の髪に合ったものを、日々お使いいただけます。


市販トリートメントの特徴

市販のものにはコーティング剤が多く入っており、一時的に幕のように毛髪を覆って摩擦や熱意などのダメージから髪を守ります。

同時にクシ通り、手触りがよくなりツヤ感もアップします。

ただ髪の内部まで栄養補給ができないので、一時的になものになります。


市販のトリートメントも、サロン専売品のトリートメントも、同じトリートメントという名前ですが、使い続けると髪の状態は全然違ってくるかと思います!

髪のパサつき、ダメージにお悩みのかたは、ヘアケアアイテムから変えてもらえると良さそうですね。


パサパサ髪にオススメのトリートメントの紹介


トリートメントを効果的に使うコツと正しいつけ方

トリートメントを効果的に使うには、ちょっとした使い方のコツがあります。

さっそく、ご紹介していきます。

step1 トリートメントをつける前に

まずはじめに、トリートメントをつける前に、水分をしっかりきってから、トリートメントをつけるようにしましょう。

髪に残っている水分が多くなると、トリートメントが薄まってしまいます。

step2 適量を毛先からつけていく

髪の乾燥やダメージを早く改善したいと思って、髪の毛に大量のトリートメントをつけていませんか?


トリートメントを大量につければ、髪がキレイになる。。。というわけではありません。

トリートメントを適量以上に塗布すると、髪の毛が吸収できなかった分は頭皮などに付着してしまいます。

頭皮にトリートメントが付着すると毛穴に詰まるなど、頭皮トラブルの原因にもなりやすいのです。

頭皮トラブルは、今後、健康な髪が育たない原因にもなりかねないので、注意が必要です。

トリートメントの適量は、髪の長さ、毛量で変わってくるので、最初は、毛先から少しずつつけて、調節していくと良いでしょう。

step3 なじませる

トリートメントをつけてあと、手ぐしや粗めのくしでとかして均等になじませるのもgoodです!!


トリートメントは、髪を魅力的にするものです。

でも、間違った方法でトリートメントしてしまうと、その効果を十分に発揮できません。

きれいになりたくてトリートメントをしているのに、効果が出ないのは残念ですよね…

トリートメントの効果を発揮するには、髪に合うものを、正しく使うことが大切です。

適切なトリートメントの使い方が髪を美髪に導きます!!!


最後に


いかがでしたか???

髪に合うトリートメントで、正しいヘアケアをして、美髪を手に入れましょう〜!!!

では。

栃本 優美

栃本 優美

Written by:

毎日スタイリングするのが楽しくなるヘアスタイルを一緒に考えさせていただきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

栃本 優美は、こんな記事も書いています。

  •  頭がかゆい…!!原因とおすすめシャンプー!

    頭がかゆい…!!原因とおすすめシャンプー!

  • トリートメントの頻度はどれくらいがベストなの???

    トリートメントの頻度はどれくらいがベストなの???

  • トリートメントの種類について★髪の悩みで使い分けましょう!!

    トリートメントの種類について★髪の悩みで使い分けましょう!!

  • 美容師が教える!髪の乾燥を改善する方法!

    美容師が教える!髪の乾燥を改善する方法!

  • 髪が傷む原因と、効果的なトリートメントの使い方! 

    髪が傷む原因と、効果的なトリートメントの使い方! 

  • 髪の毛がチリチリ…!?原因と対策方法はこちら!

    髪の毛がチリチリ…!?原因と対策方法はこちら!

人気記事 新着記事 関連記事

カテゴリー

美容院専用ホームページサービス

Copyright© 2020 air-OSAKA All rights reserved.