総合TOP>air-OMIYA(エアーオオミヤ)美容院(美容室)>白髪染め>白髪染めの種類や、頻度などカラーリングに関する疑問にプロの美容師がお答えします!

白髪染めの種類や、頻度などカラーリングに関する疑問にプロの美容師がお答えします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
白髪染めの種類や、頻度などカラーリングに関する疑問にプロの美容師がお答えします!

こんにちは、air-OMIYAの竹内です。

今回は皆さまが嫌でも避けて通れない白髪染めについてお話をしていきたいと思います。

air-OMIYAにご来店くださるお客様も白髪めに悩むお客様は沢山いらっしゃいます。

現在白髪染を既にしている方もいらっしゃると思いますが、そもそもおしゃれ染めやファッションカラーと言われるカラーと白髪染めやグレイカラーと呼ばれるカラーは何が違うのかなど、今更担当の美容師さんに聞きずらい事をご説明していきます。

それぞれのカラーの特徴などを理解した上で、担当の美容師さんと相談して一番合ったカラーを選んでいただければ幸いです。

白髪染めの種類について

まずお話ししたいのが白髪染めの種類ですが

大きく分けて

ヘアカラー、ヘアマニュキュア、(カラートリートメント)

となります。

まず1番ポピュラーな

●ヘアカラー

多くの方はこのヘアカラーで染めていると思います。

まずへカラーのメリット、デメリットをご説明します。

【メリット】

・カラーバリエーションが豊富で様々な表現ができる。

・一度のカラーでしっかりと発色する(毛髪内部までしっかり染まる)

・色持ちが良い

【デメリット】

・髪への負担がある。

・頭皮がヒリヒリしたりかぶれる事がある。

といった感じでしょうか。

出典:DEMI

ヘアカラーはおしゃれ染と白髪染め両方があり、簡単にいうと明るくクリアな色に染まるのがおしゃれ染めやファッションカラーと言われるものです。

一概にファッションカラーといえど、星の数ほどの色々なメーカーから発売されているので多少の処方の違いはあれど、クリアな発色をする為に色味が多く配合されていてブラウンがあまり配合されていない物が多いです。

白髪を染める為にはブラウンが必要なので、基本的には白髪はしっかりとは染まらないと言えます。

逆に白髪染めの場合は白髪をしっかりと染める為にブラウンが多く配合されています。

その為色味の割合がおしゃれ染めに比べて少なくなっています。すなわち基本的にはおしゃれ染めほどのクリアな発色はしにくいと言えます。


●ヘアマニュキュア

【メリット】

・一度で染まる(キューティクル、表面近くのコルテックスのみ染まる)

・髪や頭皮への負担がない。

・髪をコートし艶が出やすい。

【デメリット】

・髪色を明るくできない(白髪にしか色が付いて見えない)

・頭皮に付着すると色が落ちにくい(頭皮につけて塗れない、根元ギリギリからしか塗れない)

ヘアマニキュアの場合は髪や頭皮に負担がかからないというところが最大のメリットだと思います。黒髪を明るくできないので白髪がある部分だけに色が付いて見えます。

また頭皮ギリギリからしか塗れない為に、根元1、2ミリは染まりが悪いと言えます。

・(カラートリートメント)

普段のトリートメントと置き換えて使っていただく事で、徐々に染まっていく物になります。

こちらにつきましては様々な物が出回っていますが、サロンでのヘアカラーに弊害をきたす物もあり割愛させていただきます。

白髪染めはいつから始めればいいの?

白髪が生える時期は個人差がありますし、白髪をどの程度気にするかというのも個人差はあるかと思いますが

白髪を見つけた時点で検討しましょう

一本でも白髪があると疲れた印象や、実年齢よりも老けて見られてしまう事もあります。ご自身の精神衛生上も良くないと思いますのですぐに染めましょう。

白髪の量や、カラーの履歴、ご希望のお仕上がりなどを踏まえてご提案させていただきますのでご安心ください。

白髪染めの頻度はどれくらい?

髪の伸びる速度は1日に平均0,3〜0,5㎜伸びると言われています。

一ヶ月に約1〜1,5㎝伸びる事になります。

白髪の少ない方の場合は二ヶ月

白髪の多い方は一ヶ月

を目安に染めていただければと思います。

白髪が生えてきた時の対処方は?

基本的にはヘアカラーで染める事が1番だと考えます。

少量の白髪でしたらいつものカラーに少しだけ白髪染めをミックスする事で対処できる場合が多いです。

白髪になる原因に少し触れると

・遺伝的な要因

・生活習慣やストレス

・病気によるもの

などがあります。いずれも黒髮を形成する色素細胞(メラノサイト)に何らかの原因で不具合が生じ、メラニンを運ぶ事ができず白髪になっていると考えられます。

生活習慣を見直す事で、白髪予防や白髪だった髪が黒髮に戻るという事もありますが、一度白髪となって生えてきた髪が黒くなるという事はありませんでので染めてあげる必要があると思います。

いかがでしょうか?

ご自身の白髪の量やなりたいイメージによって何で染めるかなど対処方は様々あると思います。

この記事では次回、サロンで染める白髪染めと、セルフ(自宅)染めのメリット、デメリットをご紹介していきたいと思いますのでお楽しみに!


竹内 聡

竹内 聡

Written by:

ご自宅での再現性に拘り、技術を提供させていただいております。特にショート、ボブの似合わせには自信があります。お客様の骨格や髪質に合わせてスタイルを提案させていただきますので、何なりとご相談下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

竹内 聡は、こんな記事も書いています。

  • 白髪染めの頻度ってどのくらいが適切なの?

    白髪染めの頻度ってどのくらいが適切なの?

  • 若白髪ってなぜ生えるの??原因から対処法までお教えします!

    若白髪ってなぜ生えるの??原因から対処法までお教えします!

  • 白髪染めの種類や、頻度などカラーリングに関する疑問にプロの美容師がお答えします!

    白髪染めの種類や、頻度などカラーリングに関する疑問にプロの美容師がお答えします!

  • 夏も髪は乾燥するんです!適切なヘアケアで夏を乗り切りましょう!

    夏も髪は乾燥するんです!適切なヘアケアで夏を乗り切りましょう!

  • air-OMIYA×大宮LOFTイベントリポート

    air-OMIYA×大宮LOFTイベントリポート

  • 【2019春】ショートボブヘアカタログ

    【2019春】ショートボブヘアカタログ

美容院専用ホームページサービス

Copyright© 2019 air-OMIYA All rights reserved.